エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【シンプレクス株式会社】仮想通貨イーサリアムを現物出資、仮想通貨取引プラットフォームを提供するジョイントベンチャーを設立

シンプレクス株式会社Smart Contractの100%子会社であるSmart Contract Systemsは、仮想通貨市場に流動性を供給する機関投資家等のリクイディティプロバイダーを対象にした、仮想通貨取引プラットフォームを提供するジョイントベンチャーを設立する。設立は2018年5月を目途にしている。

設立当初の出資総額は2億円でシンプレクスが1億200万円(出資比率:51%)を現金で出資するが、Smart Contract Systemsは9800万円相当(出資比率:49%)の仮想通貨イーサリアムを現物出資する。出資金を仮想通貨で現物出資するという、仮想通貨時代にふさわしいまったく新しいやり方は、今後のひとつの流れになるのかもしれない。そういう意味では、業界の話題を誘いそうである。

新会社設立の狙いはなにか。それは、仮想通貨市場の健全な発展が目的である。そのためには、仮想通貨市場の流動性に大きな影響を与えているリクイディティ・プロバイダーに、仮想通貨の取引プラットフォームを開発して提供するのは非常に意義があることだといってよい。

新会社は、2018年7月を目途に、仮想通貨大手リクイディティ・プロバイダーであるSmart Contractとその関連会社に、ディーリングシステムを提供する予定でいる。さらに、2018年9月までに、世界のあらゆる仮想通貨のリクイディティ・プロバイダーを対象にしたディーリングシステムのASPを展開し、仮想通貨リクイディティ・プロバイダーと仮想通貨交換業者が取引を行うためのマッチングシステムも、ASPとして提供する予定である。

シンプレクスが有する高度な金融工学や業界屈指のシステム開発力と、Smart Contract Systems と同社グループが有する「Enterprise Ethereum Alliance (EEA)」加盟企業とのネットワークや、アジア最大規模を誇る大手仮想通貨LPとしての強力な営業力を最大限に活かすことで、仮想通貨取引プラットフォームにおけるトップシェアの確立を目指すと共に、健全な市場の発展・拡大を図っていく。

ちなみに、Enterprise Ethereum Allianceとは、企業向け分散型アプリケーションプラットフォーム(Enterprise Ethereum)の標準仕様の策定やユースケースの共有等を目的として、 2017年2月に発足した企業連合のことである。Smart Contractは、すでに2017年5月に加盟している。また、同社はこの企業連合の公式日本事務局であり、日本国内のワーキンググループの推進活動や、企業向けプロモーション活動に従事している。

新会社について

名称:Definity株式会社 (Definity Inc.)
所在地:東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー19階
事業内容:

1. 通貨、外国為替又は仮想通貨に関する取引及びその媒介、並びに仮想通貨取引に関する市場流動性の提供を行う事業者に対するASPサービスの提供

2. 前号に附帯又は関連する一切の事業
代表取締役:金子英樹
取締役:小林聡
取締役:垣谷昌孝
取締役:山本元
取締役:高野一利
資本金 2億円
設立年月日:2018年5月31日

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ