エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Coindesk】台湾中央銀行はビットコインに関してマネーロンダリングの規則を提案

台湾中央銀行は、ビットコインを台湾の既存のアンチ・マネーロンダリングの規則の元で管理する新しい規則に注目をしている。

台湾中央通信社の報道によると、台湾の立法府との会合のなかで、台湾中央銀行の総裁であるYang Chin-long(楊金龍)氏は、ビットコインの最近の価格が急上昇していることが目立っていることもあって、国内で行われているビットコインの取引おける不透明さにどのように対処するかという、質問を浴びせられた。

写真出典はこちら

議会メンバーの質問に答えて、台湾中央銀行の総裁であるYang Chin-long氏は、「中央銀行はビットコインの価格の変動に対して監視を強めており、近々、投資家に対して仮想通貨の取引のリスクについて警告を発表します」と答えた。

そうした努力に加えて、Yang Chin-long氏はまた、銀行当局は司法省に対して、ビットコインの取引は金融部門におけるアンチマネーロンダリング規制のもとで管理されるべきだということを進言した。

この提案が司法省で支持を得るかどうかは見ものだが、そうした努力は台湾当局がビットコインを議題に置くという最新の動きを表している。

2018年4月初旬、台湾の財務大臣であるSheu Yu-jer氏は、仮想通貨はバーチャルな商品として扱われており、課税されるべきだという自身の信念を述べ、さらに、金融当局は関係する課税の規則についてどのように整えていくか検討していると付け加えた。

写真出典はこちら

Yang Chin-long氏のコメントも、他のアジアの主要国政府がすでに、金融犯罪を防ぐために仮想通貨をアンチマネーロンダリングの規則のもとで規制しようという動いた時に、発表された。

CoinDeskで報じているように、韓国は公式に銀行が仮想通貨取引所の利用者に対して、バーチャルの匿名口座を開設させることを禁止し、2018年2月から実名で取引するよう投資家に命じている。

マレーシアもまた、3月初旬にアンチマネーロンダリングの先駆けになり、仮想通貨同士の取引も含めて、すべての仮想通貨の取引校に関して本人確認が必要だと明記した。

出典:Coindesk

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ