エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【機械システム振興協会】「ブロックチェーン技術の応用に関する戦略策定」の報告書を公開!

国際大学GLOCOMは、一般財団法人機械システム振興協会から委託されて、「ブロックチェーン技術の応用に関する戦略策定」報告書を作成した。

この報告書作成の狙いは、金融の分野以外にもロックチェーンがどのような分野で活用され、影響を与えるかを明らかにして、今後の日本のブロックチェーン戦略を示すことにある。なぜなら、とくに昨年からブロックチェーン技術の関心が非常に高くなり、さまざまな分野の人たちがブロックチェーンを活用したサービスや事業を打ち出してきている。

しかし、ブロックチェーンが技術を存分に活かせる分野は何か、真の影響はどういったものかについての具体的な戦略が明らかにされているとはいえない。そこで、機械システム振興協会は、国際大学にブロックチェーン技術を応用すれば何ができるかを、明らかにしてもらうことにした。

ブロックチェーン技術を検討するに際し、多数の有識者で構成した委員会(委員長:田中秀幸 東京大学教授)を組織して、さまざまな意見が飛び交うようにした。さらに、ブロックチェーンの最新事例や技術動向に関する調査と、ブロックチェーン技術の本質的な影響を表す独自の「軸」を5つ抽出している(図1)。

図1 ブロックチェーン技術がもたらすミクロ的影響

「金融」をはじめ「エネルギー」「製造業」「行政」「知識情報サービス」の5つの分野におけるブロックチェーン技術の影響を時間軸に沿って考察し、2030年までのロードマップを示した(図2)。

ブロックチェーン技術が、情報管理を「占有から共有へ」と変化させるもの考えて、既存の法制度との関係、監査の留意点、中長期的な法制度の革新的考察など、民間産業や公共政策への提言を取りまとめている。

「ブロックチェーン技術の応用に関する戦略策定」報告書はこちらまで。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ