エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社FRONTEO】人工知能KIBITを用いたチェック業務が金融庁の「FinTech実証実験ハブ」支援案件に決定

株式会社FRONTEOは、2017年9月に金融庁が設置した「FinTech実証実験ハブ」で、人工知能KIBITが支援案件に採択されたと発表した。

金融庁が推進する「国民の安定的な資産形成と顧客本位の業務運営」(フィデューシャリ・デューティ)や、金融業界での人材の課題や働き方改革の促進に対して、FRONTEOの人工知能KIBITがどのように効力を発揮して、目的に貢献できるかを調べるために、三菱UFJ銀行りそな銀行横浜銀行SMBC日興証券といった「Fintech実証実験ハブ」に参加している金融機関と協力をして、2018年5月から6月末まで実験を行う予定である。

金融機関の日常業務では、膨大な帳票類の処理に時間と人手を賭けて対応しているが、人手不足の問題や業務判断のばらつきによる問題が発生しており、喫緊に解決しなければならない課題となっている。

そこで、本実証実験では、これらの記録の確認を人のみで行った場合と、KIBITがスコアリング(点数付け)し、優先順位を付けた場合での、生産性や作業の標準化率、検出精度などを定量的に比較測定していく。

実証実験の概要

(テーマ)
現行の「人のみによる確認方法」と「KIBITを活用した確認方法」との業務生産性の比較試験。
(対象業務)
銀行の場合:投資信託などの金融商品販売時の営業応接記録のチェック業務。
証券の場合:通話録音記録からのお客さまの意見・申し出のチェック業務。

都市銀行や地方銀行、証券会社など600以上の金融機関が抱える共通の課題に対応実験であり、実証実験結果を実際の金融の日常業務に活かすことによって、業務の負荷軽減や高度なチェック業務の実現、働き方改革の実現など、社会的課題の解決につながることになる、はずである。

FinTech実証実験ハブについて

フィンテックを活用したイノベーションに向けたチャレンジを加速させる観点から、 2017年9月21日、フィンテック企業や金融機関等が、前例のない実証実験を行おうとする際に抱きがちな躊躇・懸念を払拭するため、金融庁が設置したものである。実証実験は、1.実験内容と論点が明らかであること(明確性)、2.サービスの実現によってわが国における利用者利便や企業の生産性の向上が見込まれること(社会的意義)、3.実現しようとするサービスに革新性が認められること(革新性)等が実施の要件である。

KIBITとは?

人工知能関連技術のLandscapingと行動情報科学を組み合わせ、独自開発した日本発の人工知能エンジンのことである。人間の心の「機微」(KIBI)と情報量の単位である「ビット」(BIT)を組み合わせ、「人間の機微を学習できる人工知能」を意味している。テキストから文章の意味を読み取り、人の暗黙知や感覚を学ぶことで、人に代わって、判断や情報の選び方を再現することができる。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ