エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【The Bitfury Group】元米司法省サイバー犯罪責任者を米国でのクリスタル事業の責任者に任命

ビットフューリーは、同社が提供する包括的ビットコイン・ブロックチェーン捜査ツールのクリスタルの責任者に、米国司法省でサイバー犯罪の責任者を務めたマイケル・ドゥボーズ氏を迎えた。マイケル・ドゥボーズ氏は、米国の法執行機関、金融機関やその他の主要機関に対して、クリスタルの導入を支援するのが役割となる。

ビットフューリーは、分析ツールであるクリスタルのメリットを享受する可能性がある米国ならびに世界中の企業や団体に対して、同ツールをより深く理解、認知してもらうための取組みを行っているが、マイケル・ドゥボーズ氏の責任者就任は、このような取り組みをかなり明確化するものとなる。

2018年の初旬に公表したクリスタルは、ビットコイン・ブロックチェーンの概観の提供や高度な分析やデータを収集しながら、疑わしい取引やそれに関連する団体のマッピングができるのだ。

また、クリスタルは、独自機能の「リスクスコアリング」システムを提供することで、悪辣な行為の解明や追跡を支援する。クリスタルは悪意のあるビットコイン取引を実在する組織と結びつけたり、犯罪行為者間の関係を解明したりする法執行機関や、コンプライアンス、デューデリジェンスを行う金融機関などに向けて設計されているのが特徴である。

ビットフューリーの最高経営責任者であるヴァレリー・ヴァヴィロフ氏はこう述べている。
「クリスタルの重要性を主要な企業、団体に理解して頂くため、ドゥボーズ氏にビットフューリーに参画いただけたことを大変光栄に思います。クリスタルの開発により、ビットコイン・ブロックチェーンやその他のパブリック・ブロックチェーンの安全性を確証する重要なステップを踏むことができました。ドゥボーズ氏には非常に重要な市場において、こうした取り組みを統括して頂くこととなります」

また、マイケル・ドゥボーズ氏は次のように語っている。
「ビットフューリーにおいて、クリスタル事業の責任者として大役を務めさせていただけることを大変光栄に思います。クリスタルはビットコイン上の犯罪行為の特定および追跡をより容易に行うことが可能となるため、米国の法執行機関や金融機関、その他関係機関にとって非常に重要なサービスです。クリスタルを導入することで、これらの機関が犯罪者を突き止め、より安全なビットコイン・ブロックチェーンの確立の一助となることを楽しみにしています」

法執行やデータセキュリティの分野で30年以上の経験を持つマイケル・ドゥボーズ氏は、米国司法省でも11年間、コンピュータ犯罪と知的財産部門の責任者を務め、40名の連邦検事からなる部門を統括し、国家規模あるいは国際的なコンピュータ犯罪や特許紛争の審議、起訴を手がけ、世界的なサイバー犯罪対策の優先的な政策や起訴案件に部門の政策・責任者として従事してきた。

さらに、マイケル・ドゥボーズ氏は政府での職務で数々の賞を受賞、犯罪部門でのサービスおよびリーダーシップに関するもっと栄誉ある賞も受賞している。

直近では、マイケル・ドゥボーズ氏は、Krollでマネージング・ディレクターを務め、サイバー捜査プラクティスグループを統括した。同社では、大きな情報漏えいに対する迅速な対応や、重要なIPやプロパティ情報の盗難、リアルタイムでのデータ分析、ネットワークのセキュリティの監視、修正、効果的な問題対応に向けた効果的なサイバー捜査のプラクティスを確立した。マイケル・ドゥボーズ氏は、ダートマス大学とハーバード・ロースクールを優等な成績で卒業している。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ