エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社Ginco】ウォレット事業者としてマイニング事業へ進出

仮想通貨ウォレットサービスを提供している株式会社Gincoは、モンゴルの裏バートルに拠点となる子会社「Ginco Mongol」を設立。マイニング事業を始めた。

Gincoは、「新たな価値交換のプラットフォームを創造し、顧客と資産の関係を変える」をビジョンとして掲げており、ブロックチェーンへの窓口となる仮想通貨ウォレットサービスを提供してきた。仮想通貨のマイニングは、資産が記録されるブロックチェーンそのものを健全に保つもので、ブロックチェーンに関わる全てを支える取り組みである。

Gincoは、マイニング事業に参入することで、誰でも気軽にマイニングに参加できる環境を実現する。通貨の入手や保管、利用を一元化してシナジーを生み、日本でのブロックチェーン業界の底上げに貢献するつもりだ。

Ginco Mongolのマイニング事業は、顧客の資産活用オプションとして位置づけ、マイニングに参加するためのサービスを複数構築。そのサービスを活用することで、より多くのユーザーにブロックチェーン技術に触れる機会を提供するつもりだ。

現在提供しているウォレットサービスに加え、「気軽に参加できるマイニングサービス」を提供し、次世代の銀行として「ブロックチェーン上で資産を保管する」こと以外に、「ブロックチェーン上の資産増を実現していく。

Ginco Mongolの事業展開

「Ginco Mongol」は、モンゴル地場の協力企業と緊密に連携し、国内外で以下のサービスを展開している。現地ではすでにマシンが稼働している。Ginco Mongolは、マイニングマシンの販売をはじめ、マイニング設備のハウジングやマイニングマシンの運用代行(初期的には法人・個人投資家向けのサービスが中心)を行っている。

マイニング事業を拡大し、Gincoのウォレットを通じて、ユーザーが直接マイニングに参加して利益を得るという、世界初のクライアント型ウォレット直結のクラウドマイニングサービスの提供も考えている。

 

クライアント型ウォレット直結のクラウドマイニングは、利用希望者がすぐに参加できるマイニングサービスであり、今後導入を予定しているPoSなどの保有量ベースのコンセンサスアルゴリズムによって、競争優位性を発揮するマイニングモデルとなる。

モンゴルでマイニング事業を行うメリットは、以下の通りである。
1.電力供給の条件がマイニングマシンに適している。
モンゴルで供給されている電力の定格電圧は、一般で220V、工業用で380V。マイニングマシンを稼働するために、特殊な工事や変圧器の導入は不要で、既存の回線で最適な電圧の供給をできる。

モンゴルの電気代は1kWhあたり7円台であり、気候面も亜寒帯に属しているため、年平均気温がマイナス0.7℃のモンゴルでは、一年中寒冷の気候なので、マシンの冷却もしやすい。

2.土地代と人件費を抑えてマイニング施設を運営できる。
国内事業者のひとつがマイニングファームを運営している金沢と比較した場合、約2分の1程度の家賃相場であり、安価でマイニング施設の運営が可能だ。また、月平均所得も低く、マシンの保守や管理に必要な人件費を抑えることができる。

3.仮想通貨に好意的な規制環境である。
モンゴル政府は、ブロックチェーン技術に対して非常に好意的で、比較的自由に事業を展開できるのが魅力。「TOS」という独自通貨を発行し、元国会議員なども参画している。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ