エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社HashHub】法人向けプラン「HashHub for Enterprise」を発表

HashHubは、コワーキングスペースの入居者募集と合わせて「HashHub for Enterprise」(法人向けプラン)を発表した。

HashHub(ハッシュハブ)のミッションは、「ブロックチェーンを次のステージへ」である。ブロックチェーンで何かやりたいと考えている、こんなツールが欲しいといった声はよく耳にするが、どこから始めればいいのかわからなかったり、規制や法律が障壁となって始められなかったり、あきらめてしまうといったケースが多いのも実情である。

そこでHashHubは、必要なものを共有し、暗号通貨やブロックチェーンの領域で、サービスを世の中に送り出す人、社会実装する人たちのコワーキングスペースの運営を行うことにした。

現在、入居希望の申し込みが多く寄せられているが、その一方で、場所は利用しないが、HashHubコミュニティを利用したい、新規事業の足がかりの場所が欲しなどの声が多いことから、エンタープライズ(法人向け)プランを発表し、募集を開始した。

HashHub for Enterpriseには以下の内容が含まれる。

・入居者へのオンラインコミュニティに上限4名まで参加が可能
・HashHubで開催されるイベントへの優先参加権
・四半期ごとの業界動向を総復習する勉強会を実施(1社につき4名様まで参加可能)
・必要に応じて、業界に精通する法務や税務のプロフェッショナルを紹介
・HashHubチームから、プロダクトや事業のラフなフィードバックを受けることができるミーティングを月に最大一度まで設定可能

上記のパッケージは、月額5万円、1年プランだと55万円(税別)から利用できる。

対象企業:ブロックチェーン・暗号通貨領域で取り組む法人の新規事業部、スタートアップ企業など

申し込みはこちらから。

HashHubとは?

HashHubのミッションは「ブロックチェーンを次のステージへ」というもので、ブロックチェーン技術開発、プロダクト開発後押しのために、東京・本郷を拠点としてコワーキングスペースの運営、自社プロダクト開発、オープンソース開発支援を行っている。通常のコワーキングスペースとは少し異なるスタジオモデルを採用し、運営側もスペース内で活動する個人やチームと同じように、プロダクトの開発に取り組み、法務・税務、ビジネス、技術のアドバイザーやオフィスの環境などのリソースを共有するほか、入居者同士のコラボレーション、知識やノウハウの共有も推進している。

スタジオ所在地:東京都文京区本郷3–38–1 本郷信徳ビル7階

オープン時期:2018年 夏

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ