エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社マネースクウェア・ジャパン】各国指数が史上最高値を更新!

各市場リスクオンが先行

週末の米雇用統計が市場予想の19万人増を上回る21万1千人増となったほか、失業率も予想の4.6%に対して4.4%と改善されたことが好感され、NYナスダック総合指数は史上最高値を更新し、NYダウも21,000ドルを回復しました。

日経225も本日は年初来高値を更新する価格でスタートしています。北朝鮮とアメリカの緊張の緩和や好調な企業決算を受けて、4月17日に付けた年初来安値からほぼ一本調子で上昇を続けています。年初来高値を更新したことから手を出しにくいという意見も聞かれますが、抵抗を抜けた状況でもあるため一層の上昇も望みやすく、ストップロスやトレール注文での決済を入れて反落に備えながら試しに買ってみるのも手だと思います。その際のストップロスは、先週末終値の19,688円などが考えられます。

<資料1>日経225(日足・2016/8/29-2017/5/8)

フランス大統領選挙は親EUにYES

また、今朝方伝わったフランス大統領選におけるマクロン氏の勝利は、EUにとっては吉報となりました。反EUや厳しい移民規制などを主張したルペン氏を大きく引き離しての勝利となったことは、経済ブロックであるユーロ圏維持継続を意味し、安心材料と言えるでしょう。これを受けて、ユーロはドルに対して一時半年ぶりの高値を付けています。

先週末のDAXも史上最高値を更新しています。DAXは配当相当額が発生しないことに加えて、高値警戒感から売りから入る方も多いようですがトレンドには逆行しないことが無難です。こちらも、たとえば買いから入り、前日安値などをストップロス水準とすれば、損失を限定的としながらトレンドにも乗りやすいのではないでしょうか。STD-ADXの両線の上昇が続く限りこの戦略を維持してもよいのではないかと考えています。

<資料2>DAX®(日足・2016/9/26-2017/5/8)

今後の主なマーケットイベント

5/11(木)G7財務相・中央銀行総裁会議(13日まで)
日本時間 20:00 英 金融政策員会結果公表
5/12(金)日本時間15:00 独 1-3月期GDP

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ