エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社ふくおかフィナンシャルグループ】「Wallet+」と「THEO+」の連携で新しい投資を実現

ふくおかフィナンシャルグループの子会社でiBankマーケティングは、お金のデザイン【関東財務局長(金商)第2796号】とその取扱金融機関と共同で、iBankのWallet+」で、「THEO+」での運用状況の確認や追加入金ができる機能をAPI連携で実現した。

お金の管理から運用までをワンストップに実現

このサービスを利用するには、「THEO+」を取り扱っている銀行(福岡銀行熊本銀行親和銀行沖縄銀行)で証券口座を解説する必要がある。

API連携によって、「THEO+」を取り扱っている銀行に証券口座を解説していれば、「Wallet+」上でいつでも現在の運用残高・状況の確認や追加入金(投資)ができるようになる。また、「Wallet+」で管理している預金残高や月々の収支結果等から、自分に最適な金額を資産運用に回すことも容易である。

サービスのイメージ

API(Application Programming Interface)とは、外部のサービスとシステム連携をするためのプログラムやインターフェースの仕組み・接続仕様のことで、たとえば、銀行システムとAPI連携すると、外部企業が銀行の勘定系・情報系システムが持つ金融機能やデータを活用したサービスをユーザーに提供できるようになる。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ