エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【インヴァスト証券株式会社】ETF自動売買セレクトにコモディティ銘柄を追加!

インヴァスト証券株式会社【関東財務局長(金商)第26号】は、内外のETFをCFD形式で取引できる「トライオートETF」の「ETF自動売買セレクト」に、 コモディティ銘柄を追加した。

「ETF自動売買セレクト」は、初心者でも単に選ぶだけで運用できるサービスのことで、選択可能な銘柄についても初心者に馴染みのある株式関連ETF、なかでも長期的なパフォーマンスの良い米国株式を中心としたラインナップだった。そこに、コモディティ銘柄を追加することによって、いっそう幅広い投資機会を提供できたことになる。

コモディティ特徴はといえば、値幅が広い。トレンドが長続きしない。したがって、運用する時には、相場の急な変動に注視し、絶えず動向をチェックする必要がある。一方では、値動きについては株式との相関性は低いし、金のように株式相場の不調時に逃避資産として値上がりするものもある。

コモディティは先物が現物で保有するのがふつうだが、「トライオートETF」は、現物を保有しないで、小額から投資できるので、株式市場が不調なときには投資するとチャンスがあると思われる。

「ETF売買セレクト」は、銘柄を選ぶだけで、ETFの自動売買ができるが、複数銘柄でポートフォリオを組んだ際のシミュレーション結果を簡単に確認できるのも特徴のひとつである。株式ETFとコモディティ関連ETFを組み合わせたシミュレーションもできるから、まずは「カート機能」を使ってポートフォリオのシミュレーションを試したらいいだろう。

追加銘柄について

1. 原油ETF(原資産:WTI原油連動ETF)
このETFは、 WTI原油先物価格の動きに連動する。先物取引でなくても、このETFを売買することで同様の投資が可能だ。原油関連先物を主な原資とし、分配相当額は発生しない。

原油価格は株式市場に影響を与えても、株式市場からの影響はほぼ受けない。そのため、今の原油の産量、在庫の増減とそれをとりまく環境に注目すべきで、それで相場の見当がつけやすくなる。

2.金ETF(原資産:SPRD(R)ゴールド・シェア)
このETFは、金地金の価格動向が反映する。金は安定資産だと思われているが、現物は保管や管理が大変なので、気軽に投資できるETFが誕生したという背景がある。このETFは実際の金を100%保有するので、原油ETFと同様に分配相当額は発生しない。

金の値動きは特徴的で、世界的な不況期に「逃避資産」として価値が上昇しやすい。株式相場が下がり始めた時や過熱感が出ている時に、価格上昇の期待がかかる。

「トライオートETF」の最新情報はこちらまで。

「ETF自動売買セレクト」の利用方法

「ETF自動売買セレクト」は、インヴァスト証券のトライオートETF取引ツールで利用できる。「トライオートETF」口座を持っていれば、誰でも無料で利用できるのだ。トライオートETFの口座開設はこちらから。

「トライオートETF」は、CFDの取引形態を活用して、円建て、元本為替リスクなし、レバレッジ取引、低コストで世界のETFに誰でもアプローチできる環境を提供している。自動売買機能を強化していくことで、機会の追及を目指す。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ