FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

NY株式:ダウ61ドル高、投資家心理の改善が進む

13日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は39.32ドル高の22158.18、ナスダックは5.91ポイント高の6460.19で取引を終了した。昨日の株価上昇を受けてハイテク株に利益確定の売りが広がったほか、本日は相場動意材料に乏しく、売り買いが交錯する展開となった。原油相場や長期金利の上昇が好感され、引けにかけて上昇に転じた。セクター別では、エネルギーや小売が上昇する一方で商業・専門サービスやテクノロジー・ハード・機器が下落した。


ハードディスクのウェスタン・デジタル(WDC)は、東芝が半導体部門の買収交渉で、投資会社ベインキャピタルが主導する日米韓連合と覚書を締結したことで下落。携帯端末のアップル(AAPL)は昨日に複数の新製品を発表したものの、事前にリークされた内容と変わらず軟調推移。一方で、百貨店のノードストローム(JWN)は株式非公開化に向けて、投資会社が資金提供を行うとの報道を受け上昇。ディスカウントストアのターゲット(TGT)は年末商戦に向けて10万人の臨時雇用計画が明らかとなり、堅調推移となった。


国際エネルギー機関(IEA)は、欧米での需要拡大を背景に17年の原油需要見通しを上方修正した。15年以来の大きな伸びとなる可能性が指摘されている。

Horiko Capital Management LLC