FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

東京為替:ドル・円は戻りが鈍い、米金利の伸び悩みで

ドル・円は112円60銭付近で戻りの鈍い展開となっている。日経平均株価の堅調地合いが続き、リスク選好的なドル買い・円売りの流れに変わりはない。ただ、米10年債利回りが午前中から2.370%付近で伸び悩み、ドル買いは仕掛けづらいようだ。また、北朝鮮問題への警戒も円売りを阻止しているもよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円62銭から112円81銭、ユーロ・円は132円24銭から132円71銭、ユーロ・ドルは1.1739ドルから1.1782ドルで推移した。


提携先

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する