FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

日経平均は7日続伸、第2次安倍内閣発足後の終値ベースの最高値を更新

日経平均は7日営業日続伸。やや利益確定売りが先行したが、前場半ばにはプラス圏を回復すると、2012年12月の第2次安倍内閣発足後の最高値である、終値ベースの高値20868.03(2015年6月)を越えた。その後も高値圏での推移が続く中、後場半ばには一時20898.41円まで上げ幅を広げていた。先物主導によるインデックスに絡んだ資金が断続的に入っており、日経平均を押し上げた。

大引けの日経平均は前日比57.76円高の20881.27円となった。東証1部の売買高は15億3158万株、売買代金は2兆3703億円だった。業種別では、保険、非鉄金属、その他製品、陸運、空運、サービスが上昇率上位だった。一方、鉄鋼、倉庫運輸、輸送用機器、海運が下落率上位だった。

個別では、任天堂<7974>、ソフトバンクG<9984>、リクルートHD<6098>、ファナック<6954>、NTT<9432>、パナソニック<6752>が堅調。一方で、神戸鋼<5406>が引き続きデータ改ざんが失望につながっている。トヨタ<7203>、キーエンス<6861>、PKSHA<3993>、スズキ<7269>、KDDI<9433>が軟調。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する