FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

米国株見通し:反発が意識されるなか主要経済指標の発表に注目

S&P500先物 2551.00(+1.50) (20:50現在)
ナスダック100先物 6079.00(+4.25) (20:50現在)

20:50時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小じっかりに推移している。また、NYダウは25ドル高程度で推移。欧州市場は小幅であるが上昇して推移している。原油先物相場は大幅に上昇して推移。これらの流れを受けて、米株式市場は買い優勢の展開から始まろう。

12日の米株式市場は、主要金融決算は良好な内容となったものの、高値警戒感から利益確定の動きが広がり、売りが先行。その後は下げ幅をやや縮小したが、原油相場の下落が嫌気され、上値の重い展開となった。

前日の利食いの流れは想定内であり、原油相場は上昇して推移していることもあり、反発が意識されやすいだろう。その他、世界的な景気拡大を背景に日本市場が強い動きをみせてきていることも支援材料になるだろう。経済指標では、消費者物価指数(9月)、小売売上高(9月)、ミシガン大学消費者信頼感指数(10月)、企業在庫(8月)が予定されている。また、シカゴ連銀総裁、ダラス連銀総裁、パウエルFRB理事の講演が予定されている。小売売上高のコンセンサスは前月比1.7%増、消費者物価指数は前月比0.6%上昇、ミシガン大学消費者信頼感指数は95.0がコンセンサスとなる。好調な小売売上高が支援材料になる可能性もありそうだ。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する