FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

東洋埠頭<9351>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年10月28日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東洋埠頭<9351>

3ヶ月後
予想株価
2,000円

埠頭業と倉庫業が柱の総合物流企業。保管・荷役・運送・通関・流通加工など各種サービスを展開。ロシアを強みとした国際物流事業も手掛ける。穀物類、残土等のばら積み貨物の取扱数量が増加。18.3期1Qは2桁増益。

倉庫業は前期並みの取扱い。自動車運送業は堅調。その他の業務では輸入貨物の取扱いが増加。18.3期通期は増収計画。株価は上昇一服だが、PBRは1倍割れ。業績面も評価でき、今後の株価は上昇反転を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/33,000/1,650/1,750/1,130/146.66/50.00
19.3期連/F予/33,800/1,750/1,850/1,180/153.15/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/28
執筆者:YK

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する