FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

東京為替:ドルは113円40銭台、株安は材料視されず

15日午前の東京市場でドル・円は113円40銭台で推移。本日発表された7-9月期国内総生産(GDP)一次速報値は前期比年率+1.4%だった。市場予想の+1.5%を下回ったものの、想定内の数字との見方が多く、ドル・円の取引では材料視されていないようだ。日経平均株価は160円安で推移しているが、株安や原油安を嫌気したリスク回避の円買いは増えていないようだ。ここまでのドル・円は113円38銭から113円47銭で推移。

・ユーロ・円は、133円67銭から133円89銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1787ドルから1.1802ドルで推移

■今後のポイント
・113円近辺で個人勢などのドル買い興味残る
・1ドル=113円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値55.09ドル 安値54.99ドル 直近値55.09ドル

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する