FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

アサツーDK—後場に急伸、WPPがベインによるTOBに応じるとの一部報道で

アサツーDK<9747>は後場に急伸。筆頭株主である英広告大手WPP(25%を保有)が、米投資ファンドのベインキャピタルによる同社株のTOBに応じることがわかったと一部メディアが報じている。これまで売却に応じない姿勢を示していたこともあり不透明感が強まっていたが、TOBの成立期待が再燃する格好に。報道によると、21日がTOB期間の最終日だったが、12月6日まで延ばすようだ。また、WPPは今後も協業が可能か引き続き協議に入るもよう。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する