FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

ネットマーケ Research Memo(1):高収益のメディア事業が業績をけん引し、高い利益成長を持続

■要約

ネットマーケティング<6175>は、広告事業及びオンラインマッチングサービスのメディア事業を展開している。同社は、2017年3月31日に東京証券取引所JASDAQスタンダード市場へ新規上場した。

1. セグメント
同社は、広告事業、メディア事業の2つを報告セグメントとしている。広告事業においては、アフィリエイト広告に特化したエージェント(代理店)として、広告展開の戦略立案から運用支援までを一貫して提供しており、安定成長の収益基盤と位置付けている。アフィリエイト広告は、インターネット広告としては比較的歴史が長いがインターネット広告市場の成長とともに堅調に成長を続けている市場であり、アフィリエイト広告売上で同社は代理店業界2位(同社調査)となっている。メディア事業においては、Facebookを活用した恋愛マッチングサービス「Omiai」を運営しており、高収益の成長ドライバーとして注力している。オンラインマッチングサービス市場はデーティング・恋活・婚活から成るが、大手企業の参入により2015年から国内オンラインマッチングサービス市場の成長が加速しており、Omiaiは恋活サービス市場において最大手の1つとなっている。

2. 2018年6月期第1四半期業績
2018年6月期第1四半期の決算は、売上高が前年同期比(前年同期は監査を受けていない)9.3%増の2,709百万円、営業利益が同44.1%増の189百万円、経常利益が同52.8%増の201百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同60.6%増の143百万円となり、各利益において引き続き大幅な増益を達成した。前年同期比での増収増益とも、もっぱら成長ドライバーであるメディア事業の伸長によるもので、メディア事業の売上高は前年同期比44.4%増の740百万円、全社費用を配分していないセグメント利益は同94.3%増の144百万円と大幅に伸長した。通期業績予想に対する進捗率は、売上高が24.0%、営業利益が35.1%で、経常利益は第2四半期累計期間の予想253百万円に対して79.4%の進捗率となっている。

3. 2018年6月期通期業績予想及び今後の見通し
2018年6月期通期業績の会社予想は、売上高が前期比14.5%増の11,296百万円、営業利益が同22.4%増の540百万円、経常利益が同27.2%増の538百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同25.0%増の371百万円と、引き続き2ケタ台の増収と20%台の増益を見込んでいる。広告事業では、既存クライアントを維持しながら、2017年6月期と同水準の新規クライアント獲得ペースを維持する計画であり、アフィリエイト広告代理店業界のトップを目指すことを方針として掲げている。メディア事業では、Omiaiにおいて2017年6月期と同水準の売上拡大を計画するとともに、オンラインマッチングサービスにおけるサービス領域の拡大として、2018年6月期末にデーティングアプリ「QooN」を新たにリリースすることを決定している。高成長しているOmiaiからの利益を新サービス開発の投資に充てる考えであることから、通期では業績予想どおりの進捗を現時点においては想定する。

■Key Points
・広告事業と、Facebookを活用した恋愛マッチングサービス「Omiai」のメディア事業を展開
・2018年6月期第1四半期の業績は、大幅に伸長したメディア事業にけん引され、売上高2,709百万円、営業利益189百万円、経常利益201百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益143百万円を計上し、経常利益は第2四半期累計期間の予想253百万円に対して79.4%の進捗率
・広告事業は安定成長を図りながらアフィリエイト広告代理店業界のトップを、高収益のメディア事業は会員数の更なる増加とサービス領域の拡大による高成長を目指しており、2018年6月期は、引き続き2ケタ台の増収と20%台の増益を見込む

(執筆:フィスコ客員アナリスト 廣田重徳)

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する