FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

東京為替:ドル・円は小動き、材料難で動意薄

 4日午後の東京市場でのドル・円は、112円80銭付近で小動き。米税制改革法案の年内成立期待を背景に、ドル買いに振れやすい地合いが続く。ただ、米10年債利回りが2.40%台で伸び悩むなど、ドル買いを進めづらく、値動きは限定的になっている。また、日経平均株価が下げ幅をやや拡大しており、円売りも進めづらい状況。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円66銭から112円90銭。ユーロ・円は133円67銭から134円02銭、ユーロ・ドルは1.1856ドルから1.1876ドルで推移。

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する