FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

日経平均テクニカル:短期調整も中期形状は+2σに沿ったトレンド

反落。小幅に続伸して始まったが、その後は下げに転じており、連日で陰線を形成している。ただし、引き続き5日線が支持線として機能しており、下値の堅さが意識されていた。一目均衡表では転換線、基準線が支持線として機能している。ボリンジャーバンドではバンドが収れんするなか、+1σを挟んでの推移となった。MACDはシグナルとの乖離がやや開いたが、陽転シグナル発生を意識したトレンドが形成されている。一方で、週足形状ではボリンジャーバンドのバンドが拡大するなか、+2σに沿ったトレンドとなり、MACDは上方シグナルが継続している。中期的には強いトレンドであり、過熱を冷ます格好での短期調整といったところであろう。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する