FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

マザーズ先物概況:下落、串カツ田中ストップ安で利食いムード強まる

4日のマザーズ先物は下落。13pt(下落率1.11%)安の1153ptで取引を終えた。高値は1177pt、安値は1151pt、売買高は693枚となった。先週末と変わらず水準で始まり、前場半ばには1177ptまで上げ幅を拡大させる場面もみられた。しかし、このところは同水準での上値の重さが意識されるなか、次第に戻り待ちの売りに押される格好となった。売買代金上位ではグレイステクノロジー<6541>が20%を超える下落となったほか、そーせい<4565>がさえないほか、串カツ田中<3547>がストップ安となったことが、これまで上昇基調が強まっていた銘柄への利益確定に向かわせた。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する