FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

金融や内需セクターへのシフト強まる

 5日の日本株市場は売り先行後は、こう着感の強い相場展開になりそうだ。4日の米国市場では税制改革案の実現への期待からNYダウが上昇する一方、既に実効税率の低いハイテク大型株は減税による恩恵を受けにくいとの見方から、主要ハイテク株の下げが目立った。シカゴ日経225先物清算値は大阪比230円安の22480円となり、これにサヤ寄せする格好から売りが先行しよう。

 ただし、シカゴ水準には25日線が位置しており、売り一巡後は底堅さが意識される可能性が高そうだ。米ハイテク株の下落影響についても想定されていた流れであり、足元では金融セクターなど内需系にシフトしていたため、波乱の展開にはつながらないと考えられる。

 また、中小型株については、上昇基調が強まっていた銘柄等に利益確定の流れが強まっているが、一方で相対的に出遅れている銘柄等を物色する流れがみられる。先高観は後退しておらず、良好な需給状況の中での循環物色が続きそうである。まずは日経平均の25日線レベルでの底堅さを確認したいところ。
(村瀬智一)

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する