FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

14時00分の日経平均は前日比52円安、ファーストリテ、花王が下支え

14時00分の日経平均は前日比52.25円安の22654.91円で推移している。ここまでの高値は12時41分の22682.71円、安値は9時50分の22522.28円。

為替市場ではドル円は112円58銭付近で推移。米金利の持ち直しや欧米株式先物のプラス圏推移でドル買い・円売りに振れやすい地合い。ただ、ユーロ・ドルの上昇基調が続き、ドルにやや下押し圧力がかかっているようだ。

売買代金上位では、任天堂<7974>、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>、キーエンス<6861>、ソニー<6758>、SUMCO<3436>、安川電<6506>、ファナック<6954>が軟調。一方で、三菱UFJ<8306>、ファーストリテ<9983>、三井住友<8316>、トヨタ自<7203>、NTT<9432>、みずほ<8411>、日立<6501>は堅調。


提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する