FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

東京為替:ドル・円は弱含み、中東情勢への警戒で円買い

6日午後の東京市場でのドル・円は弱含み、一時112円19銭まで値を下げた。トランプ米大統領がイスラエルの首都をエルサレムに認定する方向との報道が伝わると、今後の中東情勢の不安定化を警戒した円買いがクロス円で進み、ドル・円を押し下げているもよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円19銭から112円64銭、ユーロ・円は132円70銭から133円21銭、ユーロ・ドルは1.1816ドルから1.1848ドルで推移した。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する