FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

6日の日本国債市場概況:債券先物は150円91銭で終了


<円債市場>
長期国債先物2017年12月限
寄付150円93銭 高値150円94銭 安値150円84銭 引け150円91銭
売買高総計31866枚

2年 383回 -0.145%
5年 133回 -0.105%
10年 349回  0.050%
20年 162回  0.575%

債券先物12月限は、150円93銭で取引を開始。いったん利益確定とみられる売りに150円84銭まで下げたが、トランプ米大統領のエルサレム首都認定、大使館移転方針による中東混乱懸念が広がったことや、日銀が実施した長期国債買い入れオペの結果が好感されて買いが優勢になり、150円94銭まで上昇した。現物の取引では、全年限で買いが優勢になった。

<米国債概況>
2年債は1.81%、10年債は2.34%、30年債は2.72%近辺で推移。
債券利回りはやや低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.30%、英国債は1.24%で推移、オーストラリア10年債は2.50%、NZ10年債は2.74%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]
・21:00 メイ英首相が下院で質疑応答
・21:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:-3.1%)
・22:15 米・11月ADP雇用統計(予想:+19.0万人、10月:+23.5万人)
・22:30 米・7-9月期非農業部門労働生産性改定値(前期比年率予想:+3.3%、速報値:+3.0%)
・24:00 カナダ中銀が政策金利発表(1.00%に据え置き予想)

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する