FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

日経平均テクニカル:パラボリックは陰転シグナルを発生

大幅続落。売り先行から25日線での攻防をみせていたが、これを明確に下回ると、下げ幅を拡大させている。これにより約3週間ぶりに終値で22200円を割り込んでいる。ボリンジャーバンドでは、バンドが収れんしているところであり、-1σを下回り、-2σに接近。-1σを下回るのは約3ヶ月ぶりとなる。この下げにより、パラボリックはSAR値にタッチする格好となり、陰転シグナルを発生させている。また、一目均衡表では転換線、基準線を下回っている。遅行スパンは実線を上回る格好での上方シグナルを継続させているが、実線に接近しているほか、今後は11月高値水準に接近するため、これを割り込む格好での、下方シグナルを発生させてくる可能性がある。25日線の支持線を割り込んだことにより、目先的には13週線辺りが意識されそうだ。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する