FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

欧州為替:ドル・円は112円04銭から112円24銭で推移

 6日のロンドン外為市場では、ドル・円は112円04銭から112円24銭で推移した。トランプ米大統領のエルサレム首都認定発表を控え、中東混乱懸念から欧州株が全面安となり、リスク回避的な円買いが優勢なった。

 ユーロ・ドルは1.1809ドルから1.1834ドルで推移し、ユーロ・円は132円45銭から132円69銭で推移した。

 ポンド・ドルは1.3412ドルから1.3358ドルまで下落。英国のEU離脱交渉に対して保守党内からメイ首相に批判が出ていることがポンド売りにつながった。ドル・スイスフランは0.9868フランから0.9904フランまで上昇。スイスの11月消費者物価指数は伸び拡大も、まだ低水準との見方からフラン売りになった。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する