FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

NY株式:ダウ39ドル高、原油安や地政学リスクが上値抑える

6日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は39.73ドル安の24140.91、ナスダックは14.16ポイント高の6776.38で取引を終了した。本日は原油相場の下落や税制改革への不透明感に加えて、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都に認定したことから地政学リスクへの警戒感が強まり、揉み合う展開となった。ハイテク株に買い戻しの動きが広がったものの、相場を押し上げるには至らなかった。セクター別では、不動産やソフトウェア・サービスが上昇する一方で素材や保険が下落した。


検索大手のアルファベット(GOOGL)がネット小売のアマゾン(AMZN)製の一部電子機器で動画共有サイト「YouTube」の利用を遮断したものの、両社とも上昇。アパレルのアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(AEO)は既存店売上高が予想を上振れ、堅調推移。一方で、原油相場の下落でチェサピーク・エナジー(CHK)や深海油田開発のトランスオーシャン(RIG)などエネルギー銘柄が軟調推移。宅配・航空貨物のユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は一部のオンライン注文品に関して配達遅延を警告し、下落。小売最大手のウォルマート(WMT)はオンライン売上高の増加など、業態の変化を理由に正式社名を「ウォルマート・ストアーズ」から「ウォルマート」へと変更したが、株価は小幅下落となった。


ヨガウェアのルルレモン・アスレティカ(LULU)はマーケット終了後に8-10月期決算を発表、売上高、一株利益ともに予想を上振れた。時間外取引で上昇して推移している。


Horiko Capital Management LLC


提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する