FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

旭化成—いったんは自律反発を狙った動きも

11月9日高値をピークに調整が続くなか、一目均衡表の雲上限を割り込み、雲下限レベルまで下げている。遅行スパンは実線を下回り、下方シグナルを発生させている。ただし、雲下限が支持線として意識されやすく、いったんは自律反発を狙った動きがみられそうだ。週間形状では支持線として意識される基準線からのリバウンドに期待。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する