FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

サンワテクノス Research Memo(6):『Challenge 1500』の着実な達成を目指す

■中期経営計画の概要と進捗状況

1. 中期経営計画の概要
サンワテクノス<8137>は3ヶ年中期経営計画を策定し、その着実な計画達成を通じて中長期的な成長を実現することを目指している。同社にとって、中長期の成長戦略と3ヶ年中期経営計画とは同義であると言える。

その同社が現在取り組むのは、2017年3月期から2019年3月期までの第9次3ヶ年中期経営計画『Challenge 1500』だ。2016年3月期に終了した前中期経営計画『JUMP 1200』の実績を踏まえて、それをさらに深耕・進化させた新3ヶ年中期経営計画という性格を有している。名称の『Challenge 1500』には、同社の創立70周年に当たる2020年3月期において、売上高1,500億円を達成するための基盤をしっかり作るという意思が込められている。

目標達成に向けた具体的な事業戦略として同社は、『システム、装置、部品・コンポーネント販売事業』、『エンジニアリング事業』、及び『グローバルSCMソリューション事業』の3つを掲げている。このうち、『システム、装置、部品・コンポーネント販売事業』とは現状の3部門それぞれの事業と重なるものと言える。今中計に特徴的な成長のための事業戦略として注目すべきは、エンジニアリング事業とグローバルSCMソリューション事業の2つだ。詳細は後述するが、エンジニアリング事業というのは、既存の3事業が有機的に結合して相乗効果を発揮して収益を拡大するための“触媒”的な機能を期待されていると弊社では理解している。また、グローバルSCMソリューション事業は、エンジニアリング事業同様、既存3部門に横串を通すような役割と、将来独立した事業部門に発展するポテンシャルを秘めたチャレンジだと弊社では考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する