FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

日経平均は上げ幅を縮小してスタート、メジャーSQ無事通過で心理的な買い安心感広がる

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22759.05;+261.02
TOPIX;1799.58;+13.33

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から上げ幅をやや縮小してスタート。ランチタイムの225先物は22700-22730円でのもち合い、差し引き20億円の売り越しとの観測。米国市場の流れや円安進行を受けて、ハイテク株や輸出関連株中心に堅調な推移が続いている。週末に控える米国雇用統計を前に様子見ムードが広がりやすいものの、注目されたメジャーSQを無難に通過したことにより、市場には心理的な買い安心感が広がっている。

 セクターでは、空運業、パルプ紙、陸運業、不動産業が上昇。売買代金上位では、売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、東京エレクトロン<8035>、信越化学<4063>、京セラ<6971>、スズキ<7269>が上昇。一方で、任天堂<7974>、ファナック<6954>、KDDI<9433>、NTT<9432>、JT<2914>は下落。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する