FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

好業績銘柄、パイロットが上方修正~eワラントジャーナル(馬渕磨理子)

こんにちは、フィスコマーケットレポーター馬渕磨理子の「eワラントジャーナルの気になるレポート」です。

eワラントジャーナルのコラムで、東京ビッグサイトで開かれた国際文具・紙製品展についての記事を見つけましたのでご紹介いたします。

同コラムでは、7月4日から6日まで、東京ビッグサイトで開かれた国際文具・紙製品展について書かれています。最近多い、『ハイテク系の展示会』とは違い、『展示会の雰囲気も少しやわらかい』ようです。

文房具は成熟したマーケットと言われて久しいようですが、『意外とヒット商品があり、株価も反応』したりするようです。例えば、『三菱鉛筆<7976>の「ジェットストリーム」、パイロット<7846>の「フリクションボール」』などがヒット商品として挙げられています。

ここで、「フリクションボール」を売り出したパイロット<7846>に注目してみましょう。同社は、8月9日に決算発表をしました。17年12月期通期の連結経常利益を180億円の予想から190億円に5.6%上方修正しています。また、業績好調に伴い、今期の期末配当を増配しています。年間配当を1株当たり27.00円から32.00円に増額修正したことなどから、8月10日は株価が反応しました。

その他、同コラムでは、『上場企業では、いつも新しいものに挑戦しているキングジム<7962>
のブース』が、興味深いとの事です。『女子に大人気となったマスキングテープ。キングジムからも、あらかじめ使いやすい長さに切られたマスキングテープ「KITTA」が出ていて、16年6月に発売されてから、累計販売冊数が50万冊を突破したヒット商品になっている』ようです。

その他、会社の机が整理しやすくなる「デスクポケット」や、オフィスで便利な商品について、企業とともに紹介しています。また、『会場には海外のバイヤーらしき方も大勢見受けられた』ようです。

なお、上記の記事の詳細は、eワラント証券が運営している「eワラントジャーナル」の7月13日付のコラム「かのうちあやこの「第29回 国際文具・紙製品展 ISOT」レポート」にまとめられています。

馬渕磨理子の「気になるレポート」は各種レポートを馬渕磨理子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合がありますので、ご留意くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 馬渕磨理子