FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

日経平均は小幅続落、内需・ディフェンシブ系の好業績銘柄などに資金向かいやすい

 日経平均は小幅に続落。1.99円安の19736.72円(出来高概算9億9000万株)で前場の取引を終えた。引き続き北朝鮮を巡る地政学リスクの高まりが警戒されるものの、日経平均は前日に一時300円を超える下落となった反動もあり、朝方は小幅に上昇して始まった。

 しかし、寄付き直後に付けた19829.88円を高値に、その後はこう着感の強い相場展開のなか、前引けにかけてじりじりと上げ幅を縮めており、結局下げに転じている。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1000を超えており、過半数を占めている。セクターでは、石油石炭、非鉄金属、化学が上昇する半面、保険、銀行、建設、証券が下落。

 日経平均は自律反発をみせて始まったが、結局は前日終値を挟んでの攻防となっている。もっとも、決算発表がピークを迎えているほか、連休前であるため、積極的な参加者は限られており、想定内のこう着といったところであろう。とはいえ、資生堂<4911>が強い動きをみせるなど、決算評価の流れもあるため、地合いはそれ程悪くないとみられる。

 北朝鮮を巡る地政学リスクが重しとなるが、内需・ディフェンシブ系の好業績銘柄などには、物色資金が流入しやすいだろう。
(村瀬智一)

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する