FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

長谷工—大幅続落、受注減少など第1四半期決算をネガティブ視する動きが先行

長谷工<1808>は大幅続落。前日に発表した第1四半期決算がややネガティブに捉えられているようだ。営業利益は178億円で前年同期比22.2%増、市場予想の想定線とみられるが、大手ゼネコンの好決算と比較するとインパクトは限定的。粗利益率は上昇しているが、前年は第2四半期以降上昇しており、目先はピークアウト懸念もあるもよう。また、単体の受注高は944億円で前年同期比37%減と大幅減になっていることもマイナス視。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する