FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

日経平均は反発でスタート、資生堂など好業績銘柄や防衛関連が買われる

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;19792.45;+53.74
TOPIX;1619.64;+1.74

[寄り付き概況]

 10日の日経平均は反発でスタートした。前日の米国市場では、北朝鮮情勢を巡る地政学リスクへの警戒感からアジア・欧州株が概ね全面安となり、米国株にも売りが先行。複数の主要企業の決算内容も嫌気され、終日軟調推移となった。為替相場は1ドル110円10銭台で推移しており、シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円高の19755円となった。前日に大きく下落した反動から自律反発の流れとなっている。資生堂<4911>などの好業績銘柄や防衛関連をはじめとしたテーマ性のある銘柄に物色が入っている。

 セクターでは、化学、非鉄金属、ガラス・土石製品、繊維製品、不動産業が上昇。売買代金上位では、資生堂<4911>、ソフトバンクG<9984>、トヨタ自<7203>、ファーストリテ<9983>、信越化<4063>、東京エレクトロン<8035>、キーエンス<6861>、三井金<5706>、住友不動産<8830>、太平洋セメント<5233>が上昇。一方で、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>、ソニー<6758>、東京海上<8766>、ディーエヌエー<2432>は下落。

(アナリスト 雲宮祥士)

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する