FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

アーバネットコーポレーション—今期中間は設立20周年記念配当を実施、普通配当6円に記念配当1円上乗せ

アーバネットコーポレーション<3242>は9日、同日に開催された臨時取締役会において、2018年6月期の配当について、会社設立20周年記念配当を含む予定額を決議したことを発表した。

2017年7月7日に、同社は会社設立から20周年を迎えた。そこで、株主への感謝の意を表するため、2018年6月期第2四半期配当(中間配当)において、普通配当を加えて1株当たり1円の記念配当を実施することを予定しているという。

予想される2018年6月期の第2四半期期末配当金額は、1株当たり普通配当6円と記念配当1円の計7円。期末配当は6円で、合計は13円と予想されている。