FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

インドの病院 5日間で子ども63人が死亡

 インド北部ウッタルプラデシュ州ゴーラクプルにある州立病院で、入院中の子どもたち63人が短い期間に相次ぎ死亡した。現地メディアは死因について、病院側の代金未払いで医療用酸素の供給が一時中断し、酸素不足になったためと報じているが、州政府は否定している。

 インドのメディアNDTVによると、死亡したのは新生児集中治療室(NICU)の新生児や小児病棟で急性脳炎(AES)の治療を受けていた子どもたち。8月7日から12日まで、毎日9~23人の子どもたちが亡くなった。

 捜査機関は、この州立病院と酸素ボンベを供給する業者を調査した結果、「不衛生な環境による感染症など、さまざまな理由」が子どもたちの死を招いたと発表。捜査はまだ継続するという。

 また、同国保健大臣は、過去3年間で同病院の一日の死者数は20人前後であり、子どもたちの死と、病院の未払いによる酸素供給一時停止との関連を否定した。しかし、この死者数が子どもに限ったものかどうかは不明。

 州政府は12日、病院院長を「職務怠慢」として停職を命じた。その前に、院長は「悲劇に対する引責」として辞任する意向を示していた。

(翻訳編集・佐渡道世)


【ニュース提供・大紀元】


提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する