FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

10時30分時点の日経平均は170円安、決算材料のほか防衛銘柄に買い

10時30分時点の日経平均は前日比170.44円安の19554.30円。TOPIXは前日比14.69pt安の1602.56pt。

東証1部の売買代金トップは任天堂<7974>。その他、三菱UFJ<8306>、ソニー<6758>、トヨタ自<7203>、ソフトバンクG<9984>、みずほ<8411>、三井住友<8316>などがランキング上位に続いている。

東証1部の騰落状況は値上がり314銘柄、値下がり1660銘柄。値上がり率上位銘柄は、石川製<6208>、シード<7743>、PCDEPOT<7618>、東京窯業<5363>、ネクソン<3659>など。

先週末に上半期の決算を発表、営業利益は560億円で前年同期比3.3倍、会社計画の上限値である537億円を上振れる着地となったネクソン<3659>や、減益決算だったものの、自社株買いなどであく抜け感に繋がったPCDEPOT<7618>などに関心が向かっている。その他、引き続き地政学リスクを警戒する中、防衛関連銘柄として石川製<6208>にも物色が向かっているようだ。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する