FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

ゴルフ・ドゥ—1Qは引き続き増収・大幅増益、フランチャイズ事業や営業販売事業が伸長

ゴルフ・ドゥ<3032>は10日、2018年3月期第1四半期(17年4-6月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比13.9%増の14.53億円、営業利益は同45.7%増の0.62億円、経常利益は同54.2%増の0.63億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同65.4%増の0.50億円と2ケタ増収増益となった。

主力の直営事業「ゴルフ・ドゥ!」では、今年4月に「太田店」を群馬県に出店したことにより関東1都6県全てに出店となった。当第1四半期の既存店の売上高は、購入客単価は各月で前年同月実績を上回るものの、購入客数は、4月及び5月で前年同月実績を下回った。フランチャイズ事業では、今年4月に「アコーディア・ガーデン調布店」が練習場のインショップとして、5月に「春日井店」がロードサイトに、同月に「OGMゴルフプラザ神戸店」が練習場インショップとしていずれも出店し、6月末日現在の「ゴルフ・ドゥ!」営業店舗数は全国で合計80店舗となった。営業販売事業では、1ドルが110円を上回る円安傾向でほぼ推移したが、米国子会社の輸出は堅調で国内の卸営業も好調だった。

2018年3月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比8.7%増の54.00億円、営業利益が同24.5%増の1.33億円、経常利益が同31.0%増の1.36億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同23.4%増の1.00億円とする、増収増益の期初計画を据え置いている。


提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する