FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

11時00分現在の日経平均株価が19545.52円で推移するなか、リクルートや石川製は上昇

11時00分現在の日経平均株価は19545.52円(前日比184.22円安)で推移している。シカゴ日経225先物清算値が大阪比315円安の19395円となった流れを受けて、本日の日経平均は売り先行でスタートし、直後に200円超の下落となる場面もみられた。海外勢が9月のレイバーデーまで夏季休暇となるなかで、国内もお盆休み期間となっているため、取引参加者は限られていた。そのなかで、日本政府が北朝鮮による弾道ミサイルの国内での落下に備えて、空自の地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)を中四国4県で展開することを11日に決定した。これを受けて、改めて北朝鮮を巡る地政学リスクへの警戒感が意識され、利益確定売りの流れが優勢となっている。一方で、好決算銘柄や防衛関連株には物色が向かっている。

値下り率上位には、第1四半期収益水準の低さが弱材料視されたブイ・テクノロジー<7717>のほか、川田テクノロジーズ<3443>やカドカワ<9468>などが並んだ。一方の値上り率上位では、防衛関連銘柄である石川製作所<6208>のほか、シード<7743>や東京窯業<5363>などが大幅な上昇をみせた。売買代金上位では、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、ソニー<6758>、トヨタ自<7203>、ソフトバンクG<9984>、みずほ<8411>、三井住友<8316>、NTT<9432>、JT<2914>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、JFEHD<5411>、KLab<3656>、新日鐵住金<5401>、コマツ<6301>が下落している。一方で、前週末の決算内容が好感されたリクルートHD<6098>やネクソン<3659>のほか、SUMCO<3436>、信越化学<4063>、日立<6501>、ブリヂストン<5108>は上昇した。

(アナリスト 雲宮祥士)


提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する