FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

モネロ、ハードフォーク延期で調整続く【フィスコ・アルトコインニュース】

モネロ(XMR)の価格が3月5日につけた高値である379.68ドルから大きく下落しており、14日18時現在、250.63ドルで推移している。下落の背景には、14日に予定していたハードフォークを延期したことがありそうだ。

モネロは「モネロV(XMV)」のハードフォークを14日に予定しており、フォークコインの調達を目的とした買いが向かったことで、2月の安値である213.46ドルから80%近く上昇していた。しかし、モネロVの開発者が9日、取引所のサポートの有無などを理由にフォークの延期を発表したことから、モネロ価格は下落し300ドルを割り込んだ。モネロVのハードフォークは現在、4月30日頃を予定しており、モネロの所有者に対して1XMRにつき1XMVが付与されるという。

ハードフォークの延期を背景に足元では調整をみせているモネロだが、一部では押し目との見方もあるようだ。フォークコインの需要は依然として高く、4月30日を前に改めて買いが向かう可能性があるとみられている。しかし延期の理由にもあるように、モネロVの取扱いを決定している取引所はまだないようだ。また、モネロVを受け取るために保有するモネロをウォレットに移動しておくなど注意が必要だ。


世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する