FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

東京為替:ドル・円はもみあい継続、米金利は下げ渋り

14日午後の東京市場で、ドル・円は110円20銭台でもみあう展開が続く。日経平均株価は前日比100円超安の軟調地合いで、ややリスク回避的な円買いに振れやすい。ただ、米10年債利回りは2.95%台で下げ渋っているほか、米ダウ先物はプラス圏を維持しており、ドル売りは仕掛けづらいようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円09銭から110円38銭、ユーロ・円は129円91銭から130円16銭、ユーロ・ドルは1.1789ドルから1.1805ドルで推移した。

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する