FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

FXトレーダー/FXブロガー 情報

本名/ハンドルネーム 木本隆義
年代 1973年生まれ
星座 さそり座
血液型 AB型
趣味 オペラ鑑賞/水泳/高級寿司
投資経験 FX4年
株式20年
投資信託20年
外国債券なし
商品先物1年
バイナリーオプション2年
好きなFX通貨ペア
(最大3つ)
USD/JPY
EUR/USD
GBP/JPY
好きなテクニカル指標
(最大3つ)
単純移動平均線
一目均衡表
フィボナッチ・リトレースメント
利用FX会社
(最大5つ)
アヴァトレード・ジャパン株式会社
ヒロセ通商株式会社

FXトレーダー/FXブロガー 運営サイト情報

運営サイト紹介 タイで設立した会社のホームページです。在タイ日本人の生活を総合的にサポートする会社です。
サイトURL http://sabai-life-planning.com/company/
Blog -
Facebook https://www.facebook.com/takayoshi.kimoto
Twitter -

【木本隆義】(メールインタビュ―)トヨタ生産方式とMBA理論をFXに応用して大成功!

木本隆義(きもと・たかよし)
横浜生まれ。名古屋育ち。ファイナンシャルプランナー。慶應義塾大学商学部商学科卒業、名古屋商科大学大学院マネジメント研究科修了(MBA)。大学卒業後、大学受験指導学習塾に10年間、自動車部品メーカーに6年間勤務。退職後、個人投資家として活動。得意な投資分野は外国為替証拠金取引(FX)。タイに渡り、バンコクでサバーイライフプランニング株式会社を設立。

木本隆義の『勝組の秘訣』を一挙大公開!?

FX勝組対談木本隆義

MBA理論は大いに役に立つ

エムトレ FXを始められたきっかけは何でしょうか?

木本 もともとFXは、「急激な円安から金融資産を保全する」ことを目的として始めました。ブローカー変更の際、ポジションを建て直したことがきっかけで、高頻度・高レバレッジのトレードに手を染めるようになりました。

FX開始当時、自動車部品会社の経理として、タイに出張を繰り返しており、将来タイに移住することは、FXを始める5年以上前から決めていました。最後のタイ出張は(実は、お世話になっていた自動車部品会社を退職するか、そのときはとても迷っていました)、アベノミクス開始直前で、円高のピークでした。日本円⇒タイバーツの換金比率も、初めてタイに出張したときの150%まで上昇しており、なんとか、それまで貯めた移住資金を、予想される円安から防衛したいと考えました。

「FXを使えばいいのではないか?」と思いついたのは、タイの工場の応接室です。タイ人の見ているところで仮眠すると、悪い見本になってしまうので、昼休みは、応接室で一人で寝たり、考えごとをする習慣がありました。為替トレードの実務の知識は、ほとんどなかったのですが、大学では経済学が専攻だったので、為替価格の決定理論については、かなり自信があり、将来の円安は確信していました。

エムトレ 大学で学ばれたことが、FXトレードに大いに役立っているということですか?

木本 はい。大学は慶応大学だったので、日銀からの天下り教授の講義を履修することができました。大学院は、名古屋商科大学大学院ではMBAを取得しました。日本のビジネススクールで5番目にランクされている大学です。MBA理論は、大学よりもさらに実務的で、FXにも非常に役に立つのです。ファイナンスの教員には、元・運用規模1兆円のファンドマネージャーがいて、オプションの理論を習いました。

最初は値頃感でトレード

エムトレ FXを始めるにあたって、どんなことをまず、されましたか?

木本 とにかく思い立ったが吉日、スピードです。まずとりかかったのが、FX会社の口座開設です。タイ出張から帰国後すぐに、バーツ円取引のできる、GFT日本支社に口座開設しました。アベノミクス開始後の年末には、GFT日本支社は撤退してしまったので、外為どっとコムに資金を移しました。しかし、外為どっとコムでは、「バーツ/円」の取引ができないので、「米ドル/円」主体のトレードに移行しました。

最初は、異業種交流会で知り合ったKOYO証券さんのメルマガ(二本柳直人さんの連載)を読むくらいで、カンコツで、「米ドル/円」が高くなればいったん売る、安くなれば買い戻すという、思いつきでトレードしていました。チャートも見ずに、値頃感でトレードをしていました。

円安ドル高の大局観が当たっていたので、大きな利益をあげることができましたが、いったんポジションを解消した隙に、アベノミクスのスピードにおいていかれたこともしばしばで、125円までずっと持っていれば、家が何件か建っていたと思います(笑) 。

大負けして傷を広げたことも……

エムトレ 最初は兼業トレーダーとして、FXを始められたと思いますが、その時の、戦績はどうでしたか?

木本 勝ちました。アベノミクス初動の勢いと、含み損が出ても円ショートをホールドするスタイルの「整合性」で、今、思えば、大変良い戦績でした。ただ、当時は、移住予定のタイバーツ建てで金融資産を評価していたので、上手くいっている自覚はありませんでした。円安から金融資産を防衛するためのカバー枚数が多少少なかっただけで、イライラするなど、今思えば、ぜいたくな悩みでした。

エムトレ 兼業トレーダーでFXを始められてから、大負けをされたことはありますか?

木本 兼業時代は実質4カ月ほどだったので、大負けしたことはないです。専業になってからは、スイングでも、デイトレでも、何度も数百万単位の損失を出しています。ポンド絡みで100枚以上トレードする、イケイケのファイターだったので 。

エムトレ もし、大負けをされたことがあれば、その後、FXにどう取り組まれましたか?

木本 とりあえずふて寝して、次の機会がくるまでじっと待ちました。半年ほぼノートレードだった時期もあります。デイトレに凝っていた時期は、大負けして、とりかえそうとして傷を広げたことが、4回ほどあります。

エムトレ 兼業トレーダーの時に、取引をする時間帯は何時頃でしたか?

木本 朝・夕の非勤務時間と、昼休みもトレードしていました。スキャルピングはあまりしないので、毎日決まった時間にするということは、ありませんでした。

専業トレーダーになると精神面に影響が

エムトレ 兼業トレーダーから専業トレーダーになられたきっかけはなんだったでしょうか。

木本 すみません。ひとつお断りしておきたいのですが、実は私、収入的には、ほとんど(97%以上)がFXの収入なので、その意味では「専業的」なのですが、バンコクで語学学校等を経営しており、日常、可処分時間の多く(90%)をその経営に傾注しているので、その意味では「兼業トレーダー」だと思います。しかし、好きなときにiPhoneで相場を確認できるので、その意味では「専業的」な特権もあると思います。

2013年に自動車部品メーカー退職。ビジネススクールで知った、サムスンの「地域専門家」制度、それも「タイの地域専門家」(タイの語学・制度・文化に精通したスペシャリスト)になりたいと思い、バンコクに1年間語学留学しました。一年間の休職と語学留学が認められれば、会社は辞めなかったと思います。収入がFX収入のみとなったのは、このときからです。

2014年にタイのコンサルティング会社に就職。役員だったので、会社にいるときも、自由にトレードすることができました。役員報酬があり、名実ともに「兼業」に戻った時期です。

2015年~2017年に独立して、自分のコンサルティング会社を設立しました。がしかし、ぜんぜん儲かっていないので、収入的には「専業」、時間的には「兼業」で、現在に至ります。ですから、もし、今の自分のコンサルティング会社が儲かっていれば、「兼業トレーダー」だと思います。一日のすべての時間をトレードにかける、「専業」になった時期はないのです……。

エムトレ 専業トレーダーになられて生活が変わったと思いますが、どんなところが変わりましたか。実際の生活面、それから、精神的な面で。

木本 自分のコンサルティング会社の「オフィス家賃」や「タイ人スタッフへの給料」をFXの収入で捻出しているので、とてもプレッシャーを感じるようになりました。生活面はさほど変わらないのですが、精神面では、せいぜい2年後のことまでしか考えず、あまり先のことは考えないようになりました。あまり考えすぎると、不安で押しつぶされてしまうからです。

「ディシジョンツリー」と「CAPM理論」

エムトレ 木本さんのトレードスタイルの特徴を教えてください。

木本 餅は餅屋なんで、相場の上げ下げは予想屋に任しています。予想屋というのは、たとえば、「ザイFX!」に連載を持っているようなアナリストたちのことです。その代わり、ポジションの枚数管理には全精力を傾注しています。具体的には、ディシジョンツリー作成による、運用効率の“期待値”の最適化計算を日々行っています。

エムトレ ディシジョンツリーとは?

木本 MBAではお馴染みですが、期待値から取るべき選択肢を決定する手法のことです。大相場を狙うと、一時的に含み損になることもあり、恐怖心からターゲットまで待ちきれずに、負けてしまうことがあります。そんな恐怖心を払拭し、また、期待値を計算して、収益性の高いトレードを見極めるためのツールとして、ディシジョンツリーを使います。

為替相場で大きなテーマが浮上したら、フローチャートのように、あり得るシナリオごとにトレード戦略を書き出します。そして、各シナリオの発生確率と、その場合の収益をかけ算し、期待値を計算します。すべてのシナリオの期待値の合計が大きければ大きいほど、効率の良いトレードだということになります。シナリオごとの発生確率や、ターゲットについては、プロの予想屋が書いた記事を参考にします。それで判断できなければ、予想屋に直接質問することもあります。

エムトレ 大きな相場の時は、ディシジョンツリーを使われますが、ふだんの相場の時にはどんなものを使われるのですか?

木本 「CAPM理論」というものを使います。これは、ノーベル経済学賞を受賞した投資理論ですが、実際の投資への応用として、簡単に言ってしまえば、性格の異なる投資対象を5つ以上に分散すれば、市場全体に投資したのと大差のない効果が得られる、というものです。

まず、アナリストや予想屋の予測記事を読み込みます。ここで大切なことは、「クリティカル・シンキング」です。予測記事を批判的に読み込んで、彼らが何を前提に語っているかを探ることです。そのなかで、たとえば、円高が進むというシナリオが有効だと考えたとしましょう。ところが、円が実際に強くても、対米ドルの売りだけだと、米ドル固有の要因で米ドル高が進んでしまう可能性もあります。もし、円が強いと予測するならば、対米ドルだけでなく、ユーロやポンドなど、5つ以上の通貨ペアで片っ端から円を買って、円高ポートフォリオを組みます。それが、CAPM理論に繋がるわけです。

ひとつの通貨ペアでの取引に比べて、ポートフォリオ自体の損益はジリジリした動きになってしまいますが、それはリスクの低さの裏返しです。あとは、FRBの金融緩和見送りなど、予想屋が円高の前提としていた要因が崩れた時に、それまでの利益を確定する決済をするだけです。決済は、4時間足のボリンジャーバンドなども見て、タイミングを計っています。

エムトレ 取引をされる通貨ペアは?

木本 米ドル、円、ユーロ、ポンド、豪ドル等、人気通貨同士の組み合わせです。

学んだことは、「じたばたするほど資金が減る」

エムトレ 木本さんが自分のトレードスタイルを確立されるまでにどんなことを実践されたでしょうか。

木本 まず、金融先物トレードの基本については、タイに来てから、日本人トレーダーから教わりました。私の場合、「餅は餅屋なんで、相場の上げ下げは予想屋に任せている」を、いかにうまく機能させるかが勝負なので、さまざまな無料メルマガ・有料メルマガを購読して、日々資金を投入して、経験をつみました。正しいナンピンの技法、資金管理の実際、等。学んだことは「じたばたするほど、資金が減る」でしょうか。

エムトレ 自分のトレードスタイルが確立したなと確信したときはいつですか。その時は、どんな気持ちでしたか。

木本 バンコクで幼稚園経営に失敗したり、NYダウ先物で大損したり、資金的に追い詰められたときです。「(自分の手法で)真面目にFXやっていればよかった!」という後悔、消極的な悟りです。人間、後悔するようにできているのだと思います。一時期、自分がラクに感じるトレード手法にはまってしまい、資金を減らしましたが、現在はまた、自分が一番勝っていた時期のトレードスタイルに戻して、実践しています。

上手な損切りの仕方とは?

エムトレ 個人投資家のなかには、損切りが苦手という人が多いのですが、上手な損切りの仕方ってあるのでしょうか。

木本 バンコクで、40人以上の方に、FXを教えましたが、皆さん、びっくりするくらい、損切りを嫌いますね。ロスカットラインが近づいたときに、逆指値をズラしてしまう方が多いのはもちろん、両建てで誤魔化したり、なかには、損失が出た取引記録を残したくない、という完全主義者の方も。

私は、エントリー時に、利確幅と、ロスカット幅が同じになるようにエントリーするのがよいと思います。で、何があろうと、絶対厳守。「始めチョロチョロ なかパッパ 小指詰めてもフタとるな」です。これ、オフ会で知り合った勝ってるトレーダーにも多いやり方です。「利確幅:ロスカット幅=1.5:1.0」の方もいますね。

でも、どうしても、ロスカットラインの逆指値をズラしたい状況もあると、思います。というか、指標発表時とか、よく遭遇します。そのときも、20万円以上の損失は絶対粘らない、などと決めておくとよいと思います。私自身は、粘ったあげく、200万円以上溶かしたことが4度ほどありますので、そのときの「くそ~、20万円で諦めておけばよかったのに!!」という気持ちを思い出すことにしています。私はそれで、ロスカットできるようになりました。

そもそも、ロスカットできない性格の人は、FXはやめたほうが身のためだと思います。あ、そうそう、一昨年の12月あたりから、ドラギマジック、イエレンレーザー、黒田バズーカなど、偉い人の発言で相場環境がコロコロ変わるので、「長い間持ってるのはなおさら危険になった」と実感しています。とっととロスカットしたほうがいいでしょう。

エントリーと決済ポイント

エムトレ エントリーのポイントと決済のポイントはどうやって決めておられますか?

木本 スイングのポジションは、西原メルマガの完全コピーでやっています。デイトレは、基本は単純移動平均線で決めてます。1分足、5分足、1時間足、4時間足の、25SMAと75SMAを見ています。ついてる仙人のいうところの、ビッグニュースリバーサルを狙うときは(倍返しを狙うときは)、まず全戻しを待ってから、「急に動き出したところ」から「反転したところ」までの距離と同じ幅だけ狙います。

エントリーは全戻し時、利確は倍返し時、ロスカットはUターン地点まで戻ったときです。これだと、利確幅とロスカット幅が、1対1になるので、確率論的な世界に持ち込みやすいので、いいですね。もっとも、急に動き出したときは、えてしてスプも開いているので、慣れないと、迷うことは結構あります。そもそも、急に動き出したときって何時なのか!? 実際にやってみると、言うは易し、行うは難しなのがおわかりいただけると思います。

トレードで大切なこと

エムトレ 相場のなかで、長くトレーダーとして生き残っていくためには、何が重要ですか?

木本 資金管理だと思います。退職金全部溶かしたおじいちゃんも、ウォールストリートの天才も、MITの秀才も、みんな最後は買いすぎで自滅してますから。勝っている時期に、生活水準を上げすぎないのも大事だと思います。

エムトレ 鉄板トレードを教えてください。

木本 1米ドル120円等、節目に到達した際に は、いったん調整が入る可能性が極めて高いです。すなわち、120円なり 、125円なりちょうどでショートすれば、 利益の出るタイミングが最低1回は到来するということです。

エムトレ トレードで大切なことは何でしょうか?

木本 先ほども申し上げたように、とにかく買いすぎないことです。また、「大丈夫」とは決して思わないことです。「99%大丈夫」と思ったことは80%くらい、「80%大丈夫」と思ったことは、実際には50%くらいしか大丈夫ではありません。

エムトレ トレードが上手くいかない時はどうしますか?

木本 6割以上上手くいっているのであれ ば、残り4割のロスは気にしません。枚数管理をきちんとすれば、ハードルレート以上の運用効率が期待できるからです。逆に、6割未満しか上手くいかない状態(いわゆるスランプ)に陥ったのであれば、新しい相場環境に適応できるまで、少額トレードに徹 します。

お勧め本3冊

エムトレ 木本さんがこれまで読まれたFX関連の書籍のなかで、お勧め本を3冊あげていただけないでしょうか。

木本 『リスク オン まりおくんFXの無間地獄』。登場人物がトレードの反面教師になります。『行動経済学 経済は「感情」で動いている』。なぜロスカットできないのか? 人間の非合理性がわかります。『ガッツリ稼いで図太く生き残る! FX』。大口投資家の世界がわかります。敵を知る意味で。

自分の感覚を磨くことが大事

エムトレ トレードをされている皆さんへお願いしたいことがありますか?

木本 ヘッジファンドの資金量は想像を絶する強大さです。といっても、恐れすぎることはありません。トレーダーの優劣はなにも資金量で決まるものではないのですから……。要は、セブンセンシズ(第6感を超えた先にある第7の感覚)です。自己の小宇宙を燃焼し、爆発させた者が勝つ! それだけ のことです。

エムトレ 現在のタイでの暮らしぶりを教えてください。

木本 昨年(2016年)11月に、タイ人女性と結婚しました。バンコク中心部の高層コンドミニアムに住んでいます。NYダウショートで大穴を開けたこともあり、最近は倹約して暮らしています。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する