FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

FXトレーダー/FXブロガー 情報

本名/ハンドルネーム 斎藤登美夫
年代 1966年生まれ
星座 乙女座
血液型 0型
趣味 スポーツ/ドライブ
投資経験 FX15年
株式-
投資信託10年
外国債券-
商品先物25年
バイナリーオプション-
好きなFX通貨ペア
(最大3つ)
USD/JPY
EUR/JPY
AUD/JPY
好きなテクニカル指標
(最大3つ)
サイクル分析
パターン分析
エリオット波動
利用FX会社
(最大5つ)
株式会社外為オンライン
株式会社マネーパートナーズ

FXトレーダー/FXブロガー 運営サイト情報

運営サイト紹介 -
サイトURL https://fx-rashinban.com/
Blog -
Facebook -
Twitter -

【斎藤登美夫】FXは勉強することが大事。必ず、自分なりのルールを決めて、守る。取引はコツコツやることが一番

日々、金融・為替情報を収集、分析、配信している斎藤登美夫さん。忙しい合間を縫って、FXのトレードをしているが、その際に決めていることがある。それは、①「情報が取れない通貨ペアは取引をしない」ことと、朝が早いこともあって、②夜11時になったら、その日の取引は必ず終えること。ただ、冬時間でアメリカの雇用統計が22時30分の発表の時には、少し時間が遅くなるが、それでも「本業に支障をきたしては元も子もない」ので23時30分には、パソコンのスイッチは切るという。

そんな斎藤さんにトレードで大切なことはと聞くと、即座に「勉強すること」と。取引をする通貨を発行している国の人口や経済状態、政治状況、あるいは産物など、少なくとも基本的なことは勉強する必要があると言う。そのうえで大事なことは、自分で決めたルールは必ず守ることだと語気を強める。勝っている人の特徴のひとつは、自分で決めたルールは必ず守ってトレードをしているからだ。

そう言う意味でいくと、斎藤さんは面白いことを言った。

「ダイエットで失敗をするような人は、トレードには向いていない」と。斎藤さんの知り合いのトレーダーから言われた言葉らしいが、ダイエットで失敗するのは、決められたことが守られないから。それも、人から言われたことではなく、自分で決めたダイエットのルールを守れない、そう言う人は、トレードには向かない人らしい。

そんな斎藤さんにエムトレは話を聞いた。

斎藤登美夫

ロングが多いが、ショートも増えてきた

エムトレ 日本人は、為替のなかで「米ドル/円」のロングが好きだと思いますが、その理由は何でしょうか?

斎藤 わかりやすいからでしょう。「米ドル/円」に限らず、自国通貨である円が絡む通貨ペアはわかりやすいからだと思う。

FX会社のレポートを見ても、「米ドル/円」のロングの取引をしている人が多い。ただ、ここ数年は、個人投資家もかなり勉強している。売りから入る人も多くなった。そういう意味で、意識が変わってきたのは、良いことだ。

エムトレ 日本は取引高が異常に多いので、もう少し学んでいけば、全体的に勝てる人が増えてくると思う。経済的にも良い。

FXはもっとも安全な金融商品

斎藤 個人投資家の皆さんと話をしてみると、FXに関心を持っている方は多い。よって、FXがもう少しメジャーになって欲しい。

エムトレ FX会社のマーケティングも問題がある。これからFXを始めたいと思っている人にはわかりづらい。訴求力が弱い。いろいろセミナーをやっているが、それはFXに一歩踏み込んでいる方にとっては、わかりやすくて良いだろう。しかし、FXは危ない、ギャンブルだというイメージがついてまわっている。その一方で、株式は健全な投資対象商品として認知されている。

斎藤 FXは危険だという方がいる。しかし、私は、FXほど安全この上ない金融商品はないと思っている。危険といわれるのは、その人が危険なことをしているからだ。それから、為替と他の金融商品を比べたとき、ハイリスクはどちらかといえば、他の金融商品だ。

斎藤登美夫たとえば、仮に「米ドル/円」が今1ドル=100円だとして、それが1年後に=0円、あるいは1ドル=1,000円になることは現実問題としてあり得ない。しかし、株式だと、いま100円の株券が1年後に1,000円になったり、紙くずになったりすることはこれまで何度もあった。どちらが危険かどうかは、それだけでもスグにわかる話だと思う。ではなぜ、為替、FXがハイリスクだと言われるのかといえば、今は規制がかかって個人のレバレッジは最高25倍までとなったが、以前は、200倍といったレバレッジをかけて、損をしたケースも多々あったからだ。マスコミなどで、「ハイレバレッジという、みずから危険な取引をして損を被る」ことを、扇情的に面白おかしく取り上げられた結果、危ない取引、ハイリスクという間違った認識が広がってしまったのだと思う。

エムトレ FX会社のシステムもかなり強固になり、安定して良いレートが出ている。システムダウンや価格が飛んだといったトラブルはほとんどない。

斎藤 まったくの同感だ。たとえば、Brexitの時は、1日でポンドが27円も下がったが、そんなことは年に1度あるかないか。また、キチンとストップロスを置くなど対処をしておけば、損失は被ったとしても、被害は最小限に食い止められた。

エムトレ あの場合は、FX会社はかなり投資家に注意喚起を行っていた。

斎藤 多くの業者は、そうしたフォローもキチンとやっている。イタリアの総選挙の時、私も注意喚起のメールをもらった。そのうえで、トレードをするのは、それはすべて自己責任だ。

エムトレ それを考えると、FXはそんなに危険ではない。

斎藤 そう思う。やはり、危険かどうかはハイレバレッジやストップロスを置かないなど、その人次第。「取引のやり方」の問題なのだろう。

実需でFX会社を使う企業もある

エムトレ 株式投資とあわせてやってもいい。輸出企業がそんなレートが動くなら、為替ヘッジの意味合いで、FXをやってもいい。

斎藤 実需で銀行を通すより、手数料が良かったりするので、それなりの企業でFX会社を使っているところもある。

エムトレ それは理にかなっている。為替のリスクをヘッジするために、FX会社を使えるようになってきた。

斎藤 そうですね。また、FX会社を通じて買ったドルを、海外旅行の際に現物として、引き出して使うという個人投資家なども最近はいるようだ。

エムトレ 10年、20年前だと考えられなかった。

斎藤 そんなことはできなかった。

斎藤登美夫

時間軸を考え、過去のパターンを参考にする

斎藤 実際に取引をするとなると、まず私は、時間軸を考える。価格は後からついてくると思っている。確実に参考にするのは、過去のパターンだ。何年サイクルとか、何カ月サイクルというのは完全に参考にする。その例で言えば、「米ドル/円」のメインシナリオは、今年の場合、春から夏にかけて「年間のドルボトムをつける」というのが私の相場観だ。何故なら、長期5.5年サイクルや短期10-15ヵ月サイクルなどが、そう示しているから。そうやって相場観を決めたうえで、注意すべき材料を探して、チェックする。

エムトレ それは絶対に大切なことだ。ほとんどのトレーダーは兼業だから、まず、そういうシナリオを考えて、そこに落とし込んでいって、トレードをするのが良い。それから、負けている人は、目先の利益に集中しすぎていて、あまりにも大きな利益を得ることにとらわれすぎている。FXは儲かるという変なマインドセットになっている。そうではなくて、年間何パーセント取れるようなトレードをしようというふうになったら、そんなにレバレッジもかけ過ぎないで、安全なポジション取りにもなっていく。

FXは何億円も儲かると誤解している人も多い

斎藤 以前、セミナーをやったときに、「全然儲からないです」と言う女性がいた。いろいろ聞いてみると、儲かっていなくはない。年間で5%ぐらいの利益は上げている。しかし、その女性は儲かっていないと繰り返す。

それは、メディアにも責任があり、「100万円が1億円になった」というようなFXに関する「体験談」の本がたくさん出ており、質問して女性はそういった本を読んで鵜呑みにしている。だから、自分はまったく儲かっていない、これしか儲からない、と言う。

先の本は100%ウソではないのだろうが、かなり特殊な事例であり、万人に当てはまることではない。そこで銀行預金金利と比較をして、5%の利益はいかに凄いことかを言ったのだが、その人は腑に落ちない顔をされたままだった。何か、感覚が違う。おかしいし、もったいない。

エムトレ 本や雑誌の記事などで、100万円を1億円にした!というのは気を引きやすいので、そうしたメディアはこぞって、「FXは儲かる、私にも簡単にできる」というふうに思わせるところがある。だから、1年間に5%儲かっても、たいしたことはないと思ってしまう方が多い。

コツコツ取り組むのが最後には儲かる

斎藤 そんな風潮はおかしい。私は1回の取引で10万円、100万円儲かる取引はしていない。投資金額も少ないので、儲かっても1回あたりは1万円か2万円だが、それを年間で積み上げていくと、それなりの利益になる。コツコツやるのが最後には儲かると思う。

エムトレ その通りだと思う。ドカーンと1億円儲けた方のその後を見てみたい。

斎藤 ブロガーで10年前に儲かっていた人のうち、今も残っている方は本当に少ないし、さらに言えば銀行などに勤めるプロの為替ディーラーでも基本的には同じだ。

エムトレ 連絡が取れなくなった方もたくさんいる。

必ずルールは決めること

エムトレ 最後に読者へメッセージを。

斎藤 取引をする場合には、最低限、ひとつ以上のルールを決めたほうがいい。それは絶対に守る。それは必ずしも取引のルールでなくてもいい。たとえば、私と同じように「取引は夜の11時まで」といった時間のルールでもいいし、何十ポイント抜いたら利確する、投資金額はこれ以上突っ込まない、などルールを決めて取引を行えば、ある局面では負けて損失を出したとしても、トータルでは必ず勝てる。

初めのうちはビギナーズラックがあるかもしれない。実際にわからない人ほど儲かるという傾向もある。でも、わからないままで勝ち続けていけるかと言うと、そんなに甘い世界ではない。どこかで勉強が必要だ。

エムトレ しっかり為替やFXの知識を身につけることが大事だということで、今日はどうもありがとうございました。

注)この対談は、2017年12月22日に実施した関係から、トランプ大統領に関する2017年第一四半期の話は割愛した。

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する