エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【GMOインターネットグループ】子どもたちへ投資の機会を提供する村上世彰氏の「子どもの投資教育・投資体験プロジェクト」特設サイトをオープンし、参加希望者の受付を開始

一般財団法人 村上財団GMOインターネットグループは、「子どもの投資教育・実体験プロジェクト」の特設サイトを開設し、2019年1月8日(火)かkら参加希望者の受付を開始した。

「子どもの投資教育・実体験プロジェクト」は、日本の中学生や高校生を対象にして、最大10万円の資金で実際に投資体験をしてもらうというものだ。投資資金は、村上財団が子どもひとりにつき、最大10万円を支援するという。このプロジェクトは、日本国籍のある中学生か高校生が対象である。

「子どもの投資教育・実体験プロジェクト」の立ち上げ背景
政府が2001年に掲げた「貯蓄から投資(資産形成)へ」は、未だ、一般社会に浸透しているとはいえない。そこで、村上財団の創設者である村上世彰氏は、「子どものころに実際に投資を体験し、お金と向き合うことで、正しいお金の使い方を理解し、お金について真剣に考えるまたとない機会になる」という考え方に沿って、子ども向け投資教育に取り組んできている。だが、投資リスクに対する懸念や、自由に使える投資資金がないなどの理由から、親と子どもの両方が、投資に興味はあるが、実際に投資をするにはあまりにもハードルが高いというのが、現実の問題である。

未来をきずく子どもたちに投資体験をしてもらうために、このプロジェクトを2018年9月に設立された。現在、このプロジェクト実施のために、村上財団とGMOインターネットグループ、幻冬舎の3社で準備を始めている。

プロジェクト概要・参加希望者の受付
このプロジェクトの発案者である村上氏の考えはこうだ。「お金はただ貯めこむのではなく、正しく使う=お金を循環させることで、経済も成長を続け、しなやかで元気な社会を作ることができる。 そのためには子どものころからお金について学び、触れ合い、仲良くなることが大切」。その考えのもとに、証券市場や金融市場で、子どもたちが実際に投資を体験してもらうのが狙いである。

子どもたちの投資体験を通じて、株式投資を考えるきっかけになり、投資や金融相人についての知識を得る機会を与え、親に対しても投資への関心を高めてもらい、投資に対してもっとスムーズに、子どもたちやその親が取り組んでいけるように、という願いが込められている。

投資資金は、村上財団が負担し、取引環境の整備や提供は、GMOインターネットグループが担当する。

参加希望者の受付
特設サイトはこちらから。
受付方法:特設サイトに設置したフォームから必要事項を入力し、登録。後日事務局から登録した連絡先宛に参加方法の詳細をメールで送付。
対象:日本国籍をもつ中学生・高校生
スケジュール :2019年2月開始予定

プロジェクトについての問合せ先
一般財団法人村上財団:宮本
E-mail:info@imakimi.jp

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する