エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【CX Technology LTD.】DXエクスチェンジが2019年1月7日にオープン!~新しい金融商品「デジタル・ストック」を発表

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

DXエクスチェンジは、2019年1月7日(月)のオープンを発表し、新しい金融商品「デジタル・ストック」を発表した。ナスダックの技術を使用しているDXエクスチェンジは、証券のトークン化で、仮想通貨と証券取引所の架け橋となる。

DXでのデジタルアセット取引は、EFIU(エストニア金融情報機関)にから許認可を受けており、EU内での運営が認可されている。ナスダックのマッチングエンジンと監視技術を使用することで、DXは法定通貨から仮想通貨、仮想通貨から仮想通貨、仮想通貨から法定通貨の取引ができるようになった。さらにDXは、仮想通貨ファンたちを巻き込んだ新製品、デジタル・ストック取引を提供する。

デジタル・ストックとは
デジタル・ストックは、CySECの許認可を受けたMPS(マーケット・プレイス・セキュリティ)と提携することで、イーサリアムのスマートコントラクトを通じて機能し、ブロックチェーン技術と従来の株式投資を組み合わせた双方の長所を兼ね備えたものである。トレーダーは、証券取引所に上場されているGoogleやAmazonなどのトークン(実際の株と1:1の同等の価値)に投資でき、それらの会社から配当金を受け取れる。

DXエクスチェンジとは?
DXエクスチェンジは、金融の世界と新しい仮想通貨の世界との出会いを画期的に変革するものである。DXは、投資家は株を1株まるまる購入しなくても、株式の一部を購入できる。Amazonを例にとると、通常1株を購入するには約1500ドル必要だが、DXでは、株式の一部、500ドル分を所有できる。また、デジタル・トレーダーは、マーケットオープン時間内でしか取引できない従来の投資とは違って、24時間365日、取引でき、ブローカーの手数料を払わずに済む。

DXビジネスモデルでは、DXの顧客は月額10ドルのシンプルな月額メンバーシップ料だけを払えば、仮想通貨やデジタル・ストックに投資できる。

トークン化株式は、仮想通貨と実際の証券取引所の間の架け橋である。その架け橋によって、何百万という世界中のトレーダーに未開拓の市場がを開放し、ブロックチェーンの原則に従って中間者を排除する。

DXエクスチェンジの最高経営責任者であるダニエル・スコロンスキー氏は、つぎのように述べている。
「われわれは、最新のアップグレードされた取引プラットフォームを提供すべく、今日まで努力してきました。仮想通貨業界は非常にダイナミックで、デジタル・ストックのような新しいエキサイティングな金融商品を誕生させました。我々のこれまでの努力により、皆さんに完璧な取引エクスペリエンスを提供することができると、確信しています」

DXエクスチェンジCOOのアメデオ・モスカト氏は、こう語っている。
「ついに、私たちのプラットフォームを立ち上げることができるのは、大変喜ばしいことです。MPS(マーケット・プレイス・セキュリティ)が提供するデジタル・ストックを含む当社の革新的な機能は、仮想通貨と金融業界が現実にスマートコントラクトを活用し、一歩前進したことを表しています。従来の市場がついに、新しい、トークン化された金融の世界と繋がりました。お客様にはDXエクスチェンジのコミュニティに参加していただき、一流のサービスと24時間体制のサポート、さらには12の様々な言語で最高のコミュニティを体験していただきたいと思います」

 

 

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する