エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【IFA法人GAIA】『日本一カンタンな「投資」と「お金」の本』を発売

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

独立系ファイナンシャルアドバイザーであるIFA法人GAIA【関東財務局長(金仲)第 235 号】【関東財務局長(金商)第 2934 号】の代表っである中桐啓貴氏は、株で大火傷を負った30歳スポーツ用品営業マンの心の変化を描いた投資小説『日本一カンタンな「投資」と「お金」の本』(発行:クロスメディア・パブリッシング)を2019年2月22日(金)に上梓する。

「もう投資なんてしない」と思っていませんか?
この本は、楽天証券の投資情報メディア「トウシル」で、7カ月(2018年2月〜9月)にわたって連載された人気投資小説(全25話)を元にしており、約12万人が読んだだけではなく、一部のブロガーの間では「長期投資のバイブル」と話題になった。

ロボアドバイザーやポイント投資、積み立てNISAなど、投資に興味を持つ若者が増えているといわれるが、投資とギャンブルは何が違うのかわからない、資産運用の正しい知識を習得するのは難しい。投資は「こわい」と思っている方も多い。積立投資の継続期間は2〜4年が平均だということは、相場の変動に嫌気が差して止めてしまう人が多いことを意味している。

資産運用は決して悪くない。労働の対価として得たお金だから貴いというのはその通りだが、投資で得たお金も同じように貴いのだ。

本書は、資産運用本のエッセンスを抜き出し、初心者から投資上級者にいたるまで、長期で資産運用が続けることができるコツをはじめ、具体的な投資実践方法をわかりやすく解説しているのが特徴である。

資本主義の仕組みや行動経済学の視点も随所に書いてあり、投資は「こわくて危険」という固定観念を考え直すきっかけになるはずである。

『日本一カンタンな「投資」と「お金」の本』の見どころ
小説を読み進めるだけで「投資の基本」「正しい知識」「心構え」が身につく
金融や投資の知識をもたずに、株式投資で大損をした隆一が、新橋の日比谷神社横の地下室で「先生」と呼ばれる人物と出会う。「投資」が悪いことだと思えず、頭の片隅のどこかで気になっていた隆一は、投資の教えを請うことに。隆一の心の変化を追う物語で、投資に必要な考え方を得ることができる。

資本主義、市場心理が理解できると、なぜ長期投資が大切なのかが良くわかる
私たちが暮らす社会と経済の仕組みを理解することは、スポーツに例えると準備運動と同じ『投資における走り込み』にあたる。投資はギャンブルとは違い、社会を豊かにするための仕組みだ。人間の欲求が資本経済をつくり、長期で投資をすると株式が上がる理由を解説している。

人間は合理的な判断ができない生き物、「行動ファイナンス」を知る
17世紀のオランダでは、チューリップの球根1個に家が買えるほどの値段が付いた『チューリップバブル』が起きた。なぜたった1個の球根がこれほど高く値上がったのか? 時として人間は非合理的な行動をとる。行動経済学に基づいた投資理論「行動ファイナンス」を知ることが重要だ。

ストレスフリーで長期投資が続けられる、具体的な実践方法
長期投資を続けるには投資を習慣化、仕組み化することが必要だ。どのような方法で、どのファンドに投資すれば良いのか、ファンドのコストはどう考えるのが得策か。iDeCoやNISAの使い方から具体的に10年投資を続けた場合の金額や、1億円をつくるための投資シミュレーションを解説する。

著者プロフィール
IFA法人GAIA 代表取締役兼CEO中桐啓貴氏(なかぎりひろき)

兵庫県出身。1997年「最後の新入社員」として入社した山一證券の倒産を経て、メリルリンチ日本証券で富裕層向け資産運用コンサルティングに従事。その後米国大学院でのMBA取得中、人々を幸せにしている現地のファイナンシャルアドバイザーの姿に衝撃を受け、日本でも同様のサービスを根付かせようと決意。2006年に「銀行でも証券会社でもない資産運用のパートナー」として設立したGAIAでは、これまで10,000件を超える資産運用アドバイスを行う。自身でも顧客を受け持つ傍ら、金融機関に属さない独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)の先駆けとしてテレビ番組の他、日本経済新聞などでもコメントを寄せる。これまでに16冊の書籍を出版しており、主著に「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」(クロスメディア・パブリッシング)や「損しない投資信託」(朝日新書)があり、累計10万部を超える。

​新刊情報
書籍名:日本一カンタンな「投資」と「お金」の本
出版社:クロスメディア・パブリッシング
著者:中桐啓貴
価格:1480円(税別)
発売日:2019年2月22日
amazon書籍ページはこちらから。

目次
【Part1】一番シンプルで一番儲かる方法を知る(マインド編)
第1章|投資で儲けるために一番大切なこと
先生との運命の出会い/新橋・日比谷神社で投資を教わる/投資とトレードはどう違う?/金持ちは株で資産を増やしている

第2章|1ドルが60万ドルに化ける資本主義のパワー
人間の欲求が生んだ資本主義/億万長者になるチャンスがある社会/投資で儲けたおカネは汚い?/投資で痛い目にあわないための知識/リスクから逃げるか、可能性に賭けるか

第3章|バブルと投資の関係。儲かる仕組みが分かった
長期で見れば株価は上がる。本当か?/マグロの価格とバブルの意外な関係/高いとわかっていて買うのはなぜ?/株価が高いか、安いかを考えてはいけない

第4章|気持ちを整えるだけで投資の勝率は上がる
独りよがりな投資で痛い目を見た/損失を減らしたいからリスクをとる!?/お得感に潜む罠。「アンカリング効果」とは?/楽観主義は投資において利点か、それとも…?

第5章|長期投資がもっとも優れた投資法である本当の理由
猿がダーツで決めたポートフォリオ/なぜ投資になるとふつうに考えられないのか/やっと腑に落ちた長期分散投資の魅力/もう投資なんてしないなんて言わない

【Part2】一番シンプルで一番儲かる方法を実践する(ノウハウ編)
お金が増える具体的で実践的な方法
世界株式型のインデックスファンドに投資する/ファンドのコストは基本的には低いものを選ぶ/iDeCoとNISA、驚くべき節税効果とは?/50歳から始めても5000万円作れる/60歳からリスクを抑えて70歳まで運用/信頼のできるアドバイザーに相談する/さあ、この10本に長期分散投資をしよう!

「トウシル」連載記事はこちらから。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する