エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

ザイン—独自伝送技術に対応したケーブルを山一電機がサンプル出荷開始

ザインエレクトロニクス<6769>は5日、同社独自の次世代高速情報伝送技術であるV-by-One(R) USに対応するフレキシブルプリント配線基板(FPC)ケーブルが山一電機<6941>からサンプル出荷開始されることを発表。製品化は2018年を予定している。

フレキシブルプリント配線基板(FPC)ケーブルは、フレキシブルフラットケーブルとは異なる損失量・周波数特性を有しており、ユーザーの使用環境に従ってケーブルを使い分ける選択肢を提供できるという。

同社ではV-by-One(R) US技術の普及に向けて、ケーブル、コネクタ、素材メーカーとのコラボレーションを更に拡大し、4K、8K映像伝送システム構築に適用可能なV-by-One(R) US対応部品の拡充を促す方針。

この記事に関連するキーワード

関連する記事

エムトレ無料メルマガ会員募集中!
エムトレ無料メルマガ会員募集中!

仮想通貨情報続々配信中!
メルマガでしか読めない限定情報も!

無料メルマガ登録はコチラ