エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

旭化成—いったんは自律反発を狙った動きも

11月9日高値をピークに調整が続くなか、一目均衡表の雲上限を割り込み、雲下限レベルまで下げている。遅行スパンは実線を下回り、下方シグナルを発生させている。ただし、雲下限が支持線として意識されやすく、いったんは自律反発を狙った動きがみられそうだ。週間形状では支持線として意識される基準線からのリバウンドに期待。

この記事に関連するキーワード

関連する記事

エムトレ無料メルマガ会員募集中!
エムトレ無料メルマガ会員募集中!

仮想通貨情報続々配信中!
メルマガでしか読めない限定情報も!

無料メルマガ登録はコチラ