エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

マザーズ先物概況:大幅続落、主力大型株への資金シフト続く

5日のマザーズ先物は大幅続落。前日比20.0pt(-1.76%)安の1113.0ptで取引を終えた。高値は1136.0pt、安値は1106.0pt、売買高は1990枚。本日のマザーズ先物は、4日の米国株高や円安傾向など外部環境は良好なものの、手掛かり材料に乏しい上、経営幹部の辞任を発表したそーせい<4565>が大幅安となったほか、ミクシイ<2121>といったマザーズ指数への寄与度の高い銘柄が下落したことも市場ムードを悪化させていた。個人投資家の関心が主力の東証1部市場に向かうなか、上値の重さが警戒されるマザーズ先物を敬遠する動きが出たことも買い見送り要因につながったとみられる。

この記事に関連するキーワード

関連する記事

エムトレ無料メルマガ会員募集中!
エムトレ無料メルマガ会員募集中!

仮想通貨情報続々配信中!
メルマガでしか読めない限定情報も!

無料メルマガ登録はコチラ